「川崎市立川崎総合科学高等学校」の版間の差分

編集の要約なし
m (座標修正)
|本校 =
|分校 =
|課程 = [[高等学校#全日制の課程|全日制課程]]<br />[[高等学校#定時性の課程|定時制課程]]
|二部以上の授業 =
|単位制・学年制 = [[学年制と単位制|学年制]]
|郵便番号 = 212-0002
|所在地 = [[神奈川県]][[川崎市]][[幸区]][[小向 (川崎市)|小向]]仲野町5-1
|緯度度 = 35 |緯度分 = 33 |緯度秒 = 8.4
|経度度 = 139 |経度分 = 41 |経度秒 = 45.5
|公式サイト = [http://www.kst-h.ed.jp/ 川崎市立川崎総合科学高等学校トップページ]
}}
 
川崎市立ではあるが、全県一区の扱いであるため、神奈川県内在住であれば川崎市外の在住者も出願・受検・登校が可能(受検における川崎市在住であることの優遇措置などは無い)。
 
当校の校舎は凡そ80億2000万円もの費用を投資して建設されており<ref>[https://hamarepo.com/story.php?story_id=5754 多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?]</ref>、川崎市が如何に市を挙げて当校への期待を込めて建設したかが窺える。その期待に応えるように東京大学への合格者を輩出するなど、その効果をいかんなく発揮しているといえる。ただし、教頭の若山によると「土地が無かったので縦に伸ばすしか無かった」と回答している。
 
=== 校訓 ===
== 基礎データ ==
=== 所在地 ===
{{location map|Japan Kanagawa |caption= |width=140}}
[[郵便番号|{{Color|red|〒}}]]212-0002 [[神奈川県]][[川崎市]][[幸区]][[小向 (川崎市)|小向]]仲野町5-1
 
=== 施設 ===
;1号館
:校舎の建設費用は80億2000万円<ref>[https://hamarepo.com/story.php?story_id=5754 多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?]</ref>。最上階は食堂となっている。また、屋上には[[ヘリポート]]も用意されている(一般の生徒には非公開)。高さは66m。生徒用エレベーター3機。
:15階建てで、1階は小体育館・柔道場・トレーニングルーム、2階は体育館、3階は図書館、4階は進路指導室、7階 - 11階は教室になっている。12 - 13階は各科のパソコンルームになっている。14階は情報工学科。
 
川崎市立工業高等学校時代の生徒からの呼び名は土手沿いにあるので「土手高」若しくは「土手工」であった。どちらも読み方は「どてこう」。校内文書では「川市工」の略称が使われることもあった。現在は「川総」「KST」と呼ばれている。
 
川崎市立商業高等学校(現[[川崎市立幸高等学校]])が「川商」と呼ばれていたのに対して、「川工」とならなかったのは[[神奈川県立川崎工業高等学校]](現・[[神奈川県立川崎工科高等学校]])があったため。
 
== 進路 ==
[[東京大学]]へ合格者を輩出している。
 
== 高校関係者と組織 ==
*[[トリゴエユイ]](画家)
*鈴木芳和(新世紀劇団俳優・2007年総合電気科卒業)
*小林孝成(アンガールズ田中ものまね芸人・2007年総合電気科卒業)
*[[SHISHAMO]](バンド)
**メンバー
匿名利用者