「嵯峨野線」の版間の差分

JR西日本の[[アーバンネットワーク]]の路線の一つである。起点の京都駅から京都市内を縦貫し、京都府中部([[南丹]])へと伸びている。ラインカラーは'''紫'''({{Color|#878DDC|■}})であり、選定理由は「京の優雅さをイメージ」とされている。路線記号は''' E '''<ref>[http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_5993.html 近畿エリア・広島エリアに「路線記号」を導入します] - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2014年8月6日</ref>。
 
観光地として人気のある[[嵯峨野]]・[[嵐山]]方面へのアクセスルートの一つで、春・秋の行楽シーズンを中心に多くの利用がある。また、保津峡駅→馬堀駅間において[[桂川 (淀川水系)|保津川]]での[[ラフティング]]客の帰路の足として重宝されているのも特徴的である。さらに沿線には多くの高校・大学を抱えているほか、近年は外国人観光客等の増加により年間を通して利用客は増加傾向にある。JR西日本では混雑緩和のため繁忙期の一部列車の8両編成化等に取り組んでいるものの、大半の列車は短い4両編成で運転されており、車両<ref group="注釈">3扉・クロスシートの車両のため、立席スペースが少なく通路が狭いため乗降に時間がかかりやすい。</ref>および京都駅の構造上の問題<ref group="注釈">頭端式ホームのため、改札口・他ホーム区のりばへの通路が京都寄りにしか設けられていない。</ref>もあって、とりわけ京都方の車両はほぼ終日にわたり大変混雑する。
 
この路線の競争相手としては、[[京阪京都交通]](旧 [[京都交通 (亀岡)|京都交通]]<ref group="注釈">一時期は、繁華街の[[四条河原町]]まで乗り入れていたこともあり、競争上優位に立っていた。</ref>)による[[国道9号]]を経由して京都市内(京都駅、[[阪急京都本線|阪急京都線]][[桂駅]])と亀岡およびその以西とを結ぶ[[路線バス]]や、[[京福電気鉄道]][[京福電気鉄道嵐山本線|嵐山本線]](嵐電)がある。
匿名利用者