「元シン」の版間の差分

m
特徴の挿入
m (特徴の挿入)
 
== 特徴 ==
彼は恋愛や女性の美をテーマとする「艶詩」や、妻の死を悼む「悼亡詩」など、女性との愛情的な関わりを歌うことに優れ、数多くの佳篇を残した。さらに、唐代伝奇のジャンルにおいて、屈指の傑作とされる自伝的恋愛小説「鶯鶯伝」の作者としても知られる。恋・哀歌・恋物語。総じて、異性愛を真っ向から取り上げることを忌避する、中国の文学的伝統のもとで、感情のうねりに身を任せ、歌を詠む元稹は、まことに異色の存在だったといえよう。 <nowiki><ref name="example"> 井波律子、中国文章家列伝、岩波新書、2000年3月17日、P168 </ref></nowiki>
 
== 略歴 ==
27

回編集