「世の漆黒」の版間の差分

 
== サークル活動 ==
[[胡桃坂 庵]]の所属していた[[ビジュアル系]]バンド「[[花純月]]」の[[活動終了]]後に補完用個人サイトを作り、そのサイト名を「[[世の漆黒]]」としていたのが始まり。「世」を「とき」と発音し、造語に近く通常では読めない。
 
とらのあなで偶然みつけた[[六弦アリス]]の[[緋のローレライ code;D]]、[[緋のローレライ code;Я]]で[[同人音学]]を知り、[[同人音楽サークル]]として[[活動]]を始める。また[[胡桃坂 庵]]は[[ライトノベル]]が好きで、[[ライトノベル]]を題材とした音楽の[[次創作]]作品は少なく、[[天球儀上の君と黄昏の摩天楼]]までは題材とする[[ライトノベル]]の[[ストーリー]]に沿った[[オリジナル楽曲]]を作っていた。
 
歌詞は[[Plastic Tree]]の影響を受けており、[[詩的]]な描写や[[歌詞カード]]の[[デザイン]]にも拘りがある。[[天球儀上の君と黄昏の摩天楼]]までの作品は[[DVDトールケース]]、[[東京零年]]以降は[[B5サイズブックレット]]を採用し、歌詞を大々的に扱う事にも注力している。
 
[[ヴィジュアル]]、[[ロック]]、[[メタル]]を基軸とした楽曲の激しさとは対照的に、繊細な[[女性ボーカル]]を起用する事で独特の[[世界観]]を作り出していた。[[男性ボーカル]]へ転進後は純文学モダンヘヴィネスと冠している。
 
[[サークル]]には2面性を持たせており、[[ライトノベル]]を題材とした[[二次創作]]ではLuv into the Darkness,the World Ends with U. -恋と終末-。独自テーマではA hurt of flames,Re:birth too late. -痛みと再生-を掲げており、独自テーマは[[輪廻転生]]をモチーフにした作品が多い。
 
[[2009年10月11日]]、[[M3-2009秋]]<第24回即売会>に初のサークル参加。アルバム「[[名も無き君へ、花、散り掛かる]]」頒布。当時隣のスペースだった[[六歌]]([[灰色Logic]])とは現在でも交流があり、[[世の漆黒]]の[[マスタリング]]を依頼している。
15

回編集