「秋篠宮文仁親王」の版間の差分

編集の要約なし
(兄→次兄 に修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{日本の皇室}}
[[File:Ceremony of the Enthronement of His Majesty the Emperor at the Seiden4.png|thumb|300px|[[2019年]](令和元年)[[10月22日]]、第126代天皇[[徳仁]]の[[即位礼正殿の儀]]で[[黄丹袍]]に身を包む文仁親王と同妃紀子]]
'''秋篠宮文仁親王'''(あきしののみや ふみひとしんのう、[[1965年]]〈[[昭和]]40年〉[[11月30日]] - )は、[[日本]]の[[皇族]]。[[皇嗣]]<ref group="注釈">[[皇室典範]]において[[皇位継承順位]]1位の皇族を指す。「皇太子」「皇太孫」は皇位継承順位1位の皇族が天皇の子もしくは孫である場合に特に使用される呼称であり、地位であるが、「皇嗣」はそれ以外の皇族が1位の場合にも(更に先順位の皇族が後に生まれる可能性がある場合を含め)使用される皇位継承順位1位の皇族全般を指す呼称にすぎない。</ref><ref group="注釈">皇嗣である文仁親王は、 [[天皇の退位等に関する皇室典範特例法|皇室典範特例法]]第5条の規定により[[皇太子]]と同等の地位として扱われるため、[[皇室典範]]第11条第2項の規定により皇族を離れることができない。</ref>([[2019年]]〈[[令和]]元年〉[[5月1日]] - )。[[秋篠宮|秋篠宮家]]当主。[[称号]]は'''礼宮'''(あやのみや)、[[お印]]は'''[[ツガ|栂]]'''(ツガ)。身位は[[親王]]。[[皇室典範]]における[[敬称]]は[[殿下]]。[[勲等]]は[[大勲位菊花大綬章]]。
 
[[明仁]]([[上皇 (天皇退位特例法)|上皇]])と[[上皇后美智子|美智子]]([[上皇后]])の第2皇男子(2男1女のうち第2子)。[[徳仁]](第126代天皇)の皇弟、[[黒田清子]]の次兄。
523

回編集