「Microsoft Edge」の版間の差分

編集の要約なし
| frequently updated = Yes
| プログラミング言語 = [[C++]]
| 対応OS = [[Microsoft Windows 7|Windows 7]]~[[Microsoft Windows 10|Windows 10]], [[macOS]], [[Microsoft Windows 10 Mobile|Windows 10 Mobile]], [[Xbox One]], [[Android]], [[iOS (アップル)|iOS]]
| エンジン = '''Windows:''' :<br>[[EdgeHTML]] (2014~2020)<ref name="ieblog-spartan" /><br />(2014–2019),[[Blink (レンダリングエンジン)|Blink]] (2019–present2020~)<ref>https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download </ref><br>'''macOS''':<br>[[Blink (レンダリングエンジン)|Blink]] (2020~)<br>'''Android''': [[Blink (レンダリングエンジン)|Blink]]<br />'''iOS''': [[Webkit]]
| 対応プラットフォーム =
| サイズ =
[[2019年]][[8月20日]]、マイクロソフトはWindowsとmacOS向けにMicrosoft Edge次期バージョンのBeta版を公開した<ref>{{Cite news|url=https://blogs.windows.com/japan/2019/08/28/introducing-microsoft-edge-beta-be-one-of-the-first-to-try-it-now/|title=Microsoft Edge Beta を公開: 今すぐお試しください|agency=Windows Blog for Japan|date=2019-08-28|accessdate=2019-10-10}}</ref>。問題がない場合は、[[2020年]][[5月]]のMicrosoft UpdateからEdgeはChromium版が正式なものとして迎えられ、全ユーザーのEdgeは強制的にChromium版になる予定である。
 
[[2020年]][[1月15日]]、マイクロソフトはChromium版を正式版として、バージョン79.0.309.65を提供開始<ref>{{Cite web |url = https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1229406.html|title = 新しい「Microsoft Edge」がプレビューを卒業 ~Windows/Mac向け正式版のダウンロード提供が開始|website = forest.watch.impress.co.jp|publisher = 窓の杜|date = 2020-01-16|accessdate = 2020-01-16}}</ref>。ただし、日本向けのWindows Updateでの配信は日本の[[確定申告]]のウェブサイトが Chromium に対応していないため、その影響で遅れる見通し<ref>{{Cite web |url = https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-16-edge-4.html |title = 新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能|website = japanese.engadget.com|publisher = engadget日本版|date = 2020-01-16|accessdate = 2020-01-16}}</ref>。
 
== EdgeHTML時代の特徴 ==
1,114

回編集