「王子」の版間の差分

m
→rv/v
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→rv/v)
 
== 王の子弟の称号 ==
日本では[[天皇]]の子を「[[皇子]](みこ、こうし)」と称した。[[律令制]]の施行以降は「[[王 (皇族)|王]]」、親王宣下後は「[[親王]]」と呼ばれるようになった。親王宣下がされた天皇の子を親王と呼び、親王宣下がされていない天皇の子は、王子と呼ばれた。また、親王の子は、]と酢湯クリクリ苦し出務すみつつしすぎススャススススすす寿司寿司寿司資質で手抜きブヒヒヒ日ににししすすゆすりつつ散るたち切り屑ゆすり印レスリス知りさし支配者○○親王第○王などの表現指す語として古くから広く用いられ。[[仏典]]では、[[サンスクリット]]で「王の子息」を意味するラージャプトラ (rajaputra) の訳語として王子が用いられ、例えば出家前の[[釈迦]](ブッダ)は[[釈迦族]]の王子であると記されている
 
[[琉球]]や[[李氏朝鮮]]では、[[王]]の子や弟などの[[位階]]として「王子」の称号が用いられた。
同じようにこの語は、[[ヨーロッパ]]各国の王の子弟を指しても用いられるようになり、彼らの帯びる称号である[[プリンス]](英語:prince)が王子に対応するきするすむすゆきまくけれくれくりきるくれすますゆしゆさしるしりすんすしゆしわしるりすするしゆつつむにちゆつむちゆねすゆすゆししするするすするの
訳語となっている。特に「王子」の称号と不可分に呼ばれる人物として、[[ポルトガル王国|ポルトガル王]][[ジョアン1世 (ポルトガル王)|ジョアン1世]]の息子である[[エンリケ航海王子]]の例が挙げられる(この人物の本来の称号は[[インファンテ (称号)|インファンテ]] (infante) である)。
 
中国では、王の身分を帯びた支配者の子を指す語として古くから広く用いられた。[[仏典]]では、[[サンスクリット]]で「王の子息」を意味するラージャプトラ (rajaputra) の訳語として王子が用いられ、例えば出家前の[[釈迦]](ブッダ)は[[釈迦族]]の王子であると記されている。
ただし、プリンスは女王のと呼ばれる)などにも用いられたり、国によっては王族のうち王位継承権筆頭者に限って用いられるなど、多義的な称号であるため、意味合いにずれが生じる場合がある。『[[星の王子さま]]』や『[[王子と踊子]]』の「王子」などは、その意味のずれによって生じた誤訳の一例である。
 
同じようにこの語は、[[ヨーロッパ]]各国の王の子弟を指しても用いられるようになり、彼らの帯びる称号である[[プリンス]](英語:prince)が王子に対応する訳語となっている。特に「王子」の称号と不可分に呼ばれる人物として、[[ポルトガル王国|ポルトガル王]][[ジョアン1世 (ポルトガル王)|ジョアン1世]]の息子である[[エンリケ航海王子]]の例が挙げられる(この人物の本来の称号は[[インファンテ (称号)|インファンテ]] (infante) である)。
 
ただし、プリンスは女王の夫([[王配]])や王女の夫、あるいは王族ではない貴族や一国の君主([[オランダ]]では退位した国王・女王もプリンスまたは[[プリンセス]]と呼ばれる)などにも用いられたり、国によっては王族のうち王位継承権筆頭者に限って用いられるなど、多義的な称号であるため、意味合いにずれが生じる場合がある。『[[星の王子さま]]』や『[[王子と踊子]]』の「王子」などは、その意味のずれによって生じた誤訳の一例である。
 
== 現代日本語における「王子」 ==