「ワクチン」の版間の差分

自己決定権と予防医学について
(自己決定権と予防医学について)
ノーベル医学生理学賞[[リュック・モンタニエ]]は、エイズウイルスの発見で受賞した人物だが、2018年にもワクチンの過信は危険だと訴え、アルミニウム塩([[チメロサール]]や[[アジュバント]])の使用に脳や健康に影響を与える可能性があるため、これをカルシウム塩などに変える必要性や、ワクチンに関する研究の必要性を訴えた<ref>{{cite web |author=岩城喜之 |title=ワクチンの危険性指摘、ノーベル賞受賞者モンタニエ氏 |url=https://vpoint.jp/world/korea/107598.html |date=2018-02-25 |publisher=View Point |accessdate=2018-04-10}}</ref>。例えば乳酸菌を用いた経口のワクチンが開発中である<ref name="ヘルシスト223">{{Cite journal |和書|author=清野透、|coauthors=(構成)飯塚りえ|date=2014-01|title=進化した次世代ワクチンへの期待と可能性:シリーズ がんから身をまもる 第1回 子宮頸がん|url=http://www.yakult.co.jp/healthist/223/img/pdf/p20_23.pdf|format=pdf|journal=ヘルシスト|volume=|issue=223|page=20-23}}</ref>。
 
2017年にはイタリアで、子供が予防接種を受けるかどうかには[[自己決定権]]があるとするFreevaxという運動が開催され、数千人が集い厚生労働大臣に抗議を訴えた<ref>{{cite news |author=Anna Masera |title=Sulla protesta contro i vaccini obbligatori |url=http://www.lastampa.it/2017/07/11/cultura/opinioni/public-editor/sulla-protesta-contro-i-vaccini-obbligatori-qq8FmLpab1teOCbmNXGbeI/pagina.html |date=2017-07-11 |newspaper=[[ラ・スタンパ|La Stampa]] |accessdate=2018-04-20 |language=it}}</ref>。イタリアではワクチンの副作用の噂による接種拒否で、[[麻疹]]患者が3倍に急増したことを受け、2017年5月から国立保育園・小学校に入る6歳以下の児童に12種類のワクチンを義務付け、未接種児童の保護者に罰金を科している<ref>{{Cite web|date=2017-5-20|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3128922|title=イタリア、予防接種を就学の条件に|publisher=AFPBB News|accessdate=2018-04-24}}</ref>。
 
== 出典 ==
{{Commons|vaccine}}
* [[予防接種]]
* [[予防医学]]
* [[WHO必須医薬品モデル・リスト]]
* [[弱毒化ウイルス]] - [[不活化ワクチン]]