「織田信右」の版間の差分

編集の要約なし
 
| 時代 = [[江戸時代]]中期
| 生誕 = [[正徳 (日本)|正徳]]3年([[1713年]])
| 死没 = [[宝暦]]12年[[8月18日 (旧暦)|8月18日]])([[1762年]][[10月5日]])
| 改名 = 長賢(初名)→)、信右
| 別名 = 通称:左膳(通称)
| 諡号 =
| 神号 =
| 霊名 =
| 墓所 =
| 官位 = [[従四位|従四位下]][[若狭国#江戸時代|若狭守]]、[[兵部省|兵部大輔]]
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 = [[徳川吉宗]]→[[徳川家重|家重]]
| 藩 = [[上野国|上野]][[小幡藩]]主
| 氏族 = [[織田氏#信雄(信長次男)の末裔|織田氏(信雄系信良流)]]
| 父母 = 父:[[織田信就]]
| 兄弟 = [[織田信房 (小幡藩嫡子)|信房]]、[[織田信常|信常]]、[[織田信乗|信乗]]、'''信右'''、[[織田長顕|長顕]]、信富、<br>[[津田長季]]、[[津田正春]]正室ら8男3女
| 妻 = 正室:'''[[松平頼明 (常陸府中藩主)|松平頼明]]長女'''
| 子 = [[織田信賁|信賁]]、[[織田信尹 (織田信右息)|信尹]]、呉姫、[[九鬼隆貞]]継室<br>養子:'''''[[織田信富|信富]]'''''
| 特記事項 =
}}
 
'''織田 信右'''(おだ のぶすけ)は、[[江戸時代]]中期の[[大名]]。[[上野国]][[小幡藩]]5代藩主。通称は左膳。[[官位]]は[[従四位|従四位下]]・[[若狭国#江戸時代|若狭守]]、[[兵部省|兵部大輔]]。
 
== 生涯 ==
4代藩主・[[織田信就]]の四男として誕生。初名は'''長賢'''。
 
信就の四男であったが、長兄[[織田信房 (小幡藩嫡子)|信房]]、次いで三兄[[織田信乗|信乗]]が病気を理由に廃嫡され、次兄[[織田信常|信常]]も多病で相続を辞したため、[[享保]]15年([[1730年]])10月16日に嫡子になった。同年11月15日、8代将軍・[[徳川吉宗]]に[[御目見]]し、12月18日従五位下若狭守に叙任する。後に従四位下に昇進する。
 
享保16年([[1731年]])7月28日、父の死去により家督を継ぐ。享保18年([[1733年]])6月13日、藩主として初めてお国入りの許可を得る。[[延享]]2年([[1745年]])3月15日、[[紅葉山 (東京都)|紅葉山]]八講会の予参を勤める。なお、藩主を継いだ頃から信右もまた病気がちとなり、藩政を家臣任せでほとんど隠居に等しかった。また、当時の藩財政は収入よりも支出が大きく上回り、宝暦7年([[1757年]])には江戸表の上屋敷が焼失するという災難もあった。このような中、信右は病を理由に宝暦9年([[1759年]])11月11日、家督を養子とした弟[[織田信富|信富]]に譲って隠居し、宝暦12年([[1762年]])8月18日、死去。享年50。
 
== 系譜 ==
子女は2男2女。「御代々様・御連枝様方御事跡」によると長女・呉姫は[[織田信乗]]の養女となった。
 
*父:[[織田信就]](1661-1731)
*母:不詳
*正室:[[松平頼明 (常陸府中藩主)|松平頼明]]長女 - のち離縁
*生母不明の子女
**長男:[[織田信賁]](1741-1757)
**次男:[[織田信尹 (織田信右息)|織田信尹]]
**長女:呉姫 - [[織田信乗]]養女、[[織田信富]]養女、[[織田信邦]]正室
**女子:[[九鬼隆貞]]継室
*養子
**男子:[[織田信富]](1723-1764) - 織田信就の七男
 
{{織田氏歴代当主|信雄系信良流織田氏|1731年 - 1759年|5代}}