「細川俊夫 (作曲家)」の版間の差分

毎度毎度ご苦労さんだよねえ。600くらい項目書き換えられてるのに16しか対処できてないのって笑えるね。
(rv LTA:NODA)
(毎度毎度ご苦労さんだよねえ。600くらい項目書き換えられてるのに16しか対処できてないのって笑えるね。)
{{複数の問題
| 独自研究 = 2011年3月7日 (月) 06:54 (UTC)
| 参照方法 = 2011年3月7日 (月) 06:54 (UTC)}}
{{Infobox Musician
| Name=細川俊夫
| Alias =
| Blood = <!-- 個人のみ -->
| School_background = [[ベルリン芸術大学]]<br/>[[フライブルク音楽大学]]
| Born = {{生年月日と年齢|1955|10|23}}
| Died =
}}
{{Portal クラシック音楽}}
'''細川 俊夫'''(''Toshio Hosokawa'' ほそかわ としお、[[1955年]][[10月23日]] - )は、[[日本]]の[[現代音楽]]の[[作曲家]]<ref>{{Cite web |url = https://www.nytimes.com/2011/08/07/arts/music/matsukaze-opera-by-the-japanese-composer-toshio-hosokawa.html|title = Haunting Unpredictability|website = www.nytimes.com|publisher = The New York Times|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>、[[指揮者]]<ref>{{Cite web |url = http://www.pia.co.jp/column/classic/27_hosokawa.html|title = 第27小節 作曲家:細川俊夫|website = www.pia.co.jp|publisher = ぴあ|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>
 
== 経歴 ==
[[広島市]][[安芸区]]出身。[[入野義朗]]の勧めで渡欧<ref>{{Cite web |url = https://archive.is/BVDGT|title = 細川俊夫《在河畔》之作品研究與詮釋探討|website = ir.nctu.edu.tw|publisher = 國立交通大學|date = |accessdate = 2020-02-17}}</ref>し、1976年から10年間のドイツ留学<ref>{{Cite web |url = https://issuu.com/schott/docs/hosokawa|title = Toshio Hosokawa |website = issuu.com|publisher = Schott|date = |accessdate = 2020-03-10}}</ref>。[[ベルリン芸術大学]]で[[尹伊桑]]に師事<ref>{{Cite web |url = https://www.schottjapan.com/composer/hosokawa/bio.html|title = 細川俊夫|website = www.schottjapan.com/|publisher = Schott Japan|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>する。ベルリンで学位取得後、[[フライブルク音楽大学]]でまずは[[ブライアン・ファーニホウ]]に師事<ref>{{Cite web |url = https://www.synthetis.pl/lecturers/toshio-hosokawa/|title = Toshio Hosokawa|website = www.synthetis.pl|publisher = Schott Japan|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>し、その後[[クラウス・フーバー]]に師事した。[[ダルムシュタット夏季現代音楽講習会]]に1980年に初めて参加し2006年まで講師として参加。現在も世界の若手作曲家たちへ後進の指導を行っている。現在もドイツと日本を拠点に、ヨーロッパの各地<ref>{{Cite web |url = http://wiafs.ru/en/events/vi-international-composers-competition/|title = Sixth International Young Composers Competition|website = wiafs.ru|publisher = Memory of Alfred Schnittke and Sviatoslav Richter|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>で活動を続けている。
[[広島市]][[安芸区]]出身。[[東京藝術大学]]と[[国立音楽大学]]作曲科を受けるが前者に失敗し後者に入学するも、教育法に疑問を抱き一年余りで中退。しかし[[入野義朗]]の勧めで渡欧し、1976年から10年間のドイツ留学。[[ベルリン芸術大学]]で[[尹伊桑]]に師事する。その間、[[ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団]]100周年記念作曲コンクールと[[ヴァレンティーノ・ブッキ国際作曲コンクール]]で第1位を獲得している。ベルリンで学位取得後、[[フライブルク音楽大学]]でまずは[[ブライアン・ファーニホウ]]に師事し、その後[[クラウス・フーバー]]に師事した。「今日の音楽国際作曲賞」で第3位、以後[[武満徹]]との親交が生まれた。
 
[[河添達也]]とともに[[1989年]]から[[1998年]]まで[[秋吉台国際20世紀音楽セミナー&フェスティバル]]を開催<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20131018173040/http://musicscape.net/musicians/tsugataj.html|title = 津堅泰久さんについて 細川俊夫|website = musicscape.net|publisher = ミュージックスケイプ|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>し、[[ヨーロッパ]]の最も[[前衛]]的な[[現代音楽]]の動向を日本へ紹介した。[[武生国際作曲ワークショップ]]<ref>{{Cite web |url = http://takefu-imf.com/compositionworkshop|title = 作曲ワークショップ|website = takefu-imf.com|publisher = 武生国際音楽祭|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>にその役割が引き継がれている。[[1994年]]より[[武生国際音楽祭]]に参加、[[2001年]]から同[[音楽監督]]。[[2006年]]より[[ベルリン・ドイツ交響楽団]]の[[コンポーザー・イン・レジデンス]]<ref>{{Cite web |url = https://www.naxos.com/person/Toshio_Hosokawa/20268.htm|title = TOSHIO HOSOKAWA|website = www.naxos.com|publisher = NAXOS|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>。現在は[[東京音楽大学]]客員[[教授]]、[[エリザベト音楽大学]]客員教授。2013年から国立音楽大学の招聘教授<ref>{{Cite web |url = https://www.kunitachi.ac.jp/event/concert/college/20190712_03.html|title = 細川俊夫 作曲公開講座|website = www.kunitachi.ac.jp|publisher = 国立音楽大学|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>に就任。
[[ダルムシュタット夏季現代音楽祭]]の夏期講習会([[ダルムシュタット夏季現代音楽講習会|ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会]]、1980年に初めて参加)などに講師として招かれ、世界の若手作曲家たち後進の指導にも当たっている。[[尾高賞]]、[[中島健蔵音楽賞]]、ラインガウ音楽賞、[[デュイスブルク音楽賞]]、ARD-BMWムジカ・ヴィヴァ賞を授与されるなど、国際的に高い評価を得ている。以後ドイツと日本を拠点に、ヨーロッパの各地で活動を続けている。
 
''沈黙の強度をより深める''という姿勢で、全生涯を通じて作曲している<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20200215053033/https://i2.wp.com/uedanobutaka.info/official/wp/wp-content/uploads/2016/12/e356f5f886c8fbdf5436d48ce9b80da5.jpg?resize=318%2C455&ssl=1|title = 細川俊夫 音楽を語る|website = i2.wp.com|publisher = アルテスパブリッシング|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>。
河添達也とともに[[1989年]]から[[1998年]]まで[[秋吉台国際20世紀音楽セミナー&フェスティバル]]を開催し、いわゆる[[エクスペリメンタリズムの音楽]]と呼ばれるヨーロッパの最も[[前衛]]的な[[現代音楽]]の動向を日本に紹介した。[[武生国際作曲ワークショップ]]にその役割が引き継がれている。[[1994年]]より[[武生国際音楽祭]]に参加、[[2001年]]から同[[音楽監督]]。[[2006年]]より[[ベルリン・ドイツ交響楽団]]のコンポーザー・イン・レジデンス。現在は[[東京音楽大学]]客員[[教授]]、[[エリザベト音楽大学]]客員教授。
 
== 受賞歴 ==
2008年に第39回[[サントリー音楽賞]]、[[芸術選奨文部科学大臣賞]]を受賞、2012年に[[紫綬褒章]]を受章した。また、2013年から母校である国立音楽大学の招聘教授に就任。
*[[1980年]] - [[ヴァレンティーノ・ブッキ国際作曲コンクール]]第1位<ref>{{Cite web |url = https://www.oxfordmusiconline.com/grovemusic/view/10.1093/gmo/9781561592630.001.0001/omo-9781561592630-e-0000049743|title = Toshio Hosokawa|website = www.oxfordmusiconline.com|publisher = oxford music online|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>
*[[1982年]] - [[入野賞]]
*[[1982年]] - [[ベルリン・フィルハーモニー]]管弦楽団創立100周年記念国際作曲コンクール第1位
*[[1984年]] - [[アリオン賞]]
*[[1985年]] - 第2回[[今日の音楽国際作曲賞]]第3位
*[[1985年]] - [[ヨーロッパ・ヤング・ジェネレーション作曲賞]]<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20200222112644/https://www.wiko-berlin.de/fileadmin/Jahrbuchberichte/2010/2010_11_Hosokawa_Toshio_Jahrbuchbericht.pdf|title = Toshio Hosokawa|website = www.wiko-berlin.de|publisher = Wissenschaftskolleg zu Berlin|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>
*[[1988年]] - [[京都音楽賞]]
*[[1988年]] - [[中島健蔵音楽賞]]
*[[1989年]] - [[尾高賞]]
*[[1996年]] - 第51回[[毎日映画コンクール]]音楽賞
*[[1998年]] - [[ラインガウ音楽賞]]<ref>{{Cite web |url = http://www.miz.org/news_2650.html|title = Schweizer Filmmusikkomponist Niki Reiser erhält Rheingau Musikpreis 2005|website = www.miz.org|publisher = MIZ|date = |accessdate = 2020-02-23}}</ref>
*[[1998年]] - [[ドゥイスブルク音楽賞]]<ref>{{Cite web |url = http://www.koehler-osbahr-stiftung.de/musik/musikpreis.htm|title = Toshio Hosokawa|website = www.koehler-osbahr-stiftung.de|publisher = Koehler Osbahr Stiftung|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>
*[[1998年]] - 第46回[[日本エッセイスト・クラブ賞]]
*[[2001年]] - [[ベルリン芸術アカデミー]]会員選出<ref>{{Cite web |url = https://www.adk.de/de/akademie/sektionen/musik/mitglieder.htm?we_objectID=52691|title = Toshio Hosokawa|website = www.adk.de|publisher = Akademie der Künste|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>
*[[2001年]] - ARD-BMW ムジカ・ヴィヴァ賞<ref>{{Cite web |url = https://en.schott-music.com/shop/authordata/performance/view/id/5639/sku/208134|title = Voiceless Voice in Hiroshima|website = en.schott-music.com|publisher = SCHOTT|date = |accessdate = 2020-02-22}}</ref>
*[[2002年]] - [[尾高賞]]
*[[2006年]]から[[2007年]] - ベルリン高等研究所特別研究員選出<ref>{{Cite web |url = https://www.wiko-berlin.de/en/fellows/fellowfinder/detail/2006-hosokawa-toshio|title = Toshio Hosokawa|website = www.wiko-berlin.de|publisher = Wissenschaftskolleg zu Berlin|date = |accessdate = 2020-02-22}}</ref>
*[[2007年]] - 第39回[[サントリー音楽賞]]
*[[2008年]] - [[芸術選奨文部科学大臣賞]]
*[[2008年]] - 第5回 Roche-Commissions-Kompositionsauftrag<ref>{{Cite web |url = https://www.roche.com/de/roche_commissions/rc_toshio.htm|title = Toshio Hosokawa|website = www.roche.de|publisher = Roche Commissions|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>
*[[2008年]]から[[2009年]] - ベルリン高等研究所特別研究員選出<ref>{{Cite web |url = https://www.wiko-berlin.de/en/fellows/fellowfinder/detail/2008-hosokawa-toshio|title = Toshio Hosokawa|website = www.wiko-berlin.de|publisher = Wissenschaftskolleg zu Berlin|date = |accessdate = 2020-02-22}}</ref>
*[[2012年]] - [[紫綬褒章]]<ref>{{Cite web |url = https://www.fontec.co.jp/special/2012/11/post-16.html|title = Toshio Hosokawa|website = www.fontec.co.jp|publisher = Fontec|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>
*[[2012年]] - [[バイエルン芸術アカデミー]]会員選出<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20170809173057/http://badsk.de/text/2012/NeueMitglieder-2012.pdf|title = バイエルン芸術アカデミーの新会員に選出|website = badsk.de|publisher = Bayerische Akademie der Schönen Künste|date = |accessdate = 2020-02-23}}</ref>
*[[2013年]] - [[英国作詞作曲家作家アカデミー]]主催イギリス作曲家賞<ref>{{Cite web |url = https://www.prsformusic.com/press/2013/british-composer-awards-2013|title = British Composer Awards 2013|website = www.prsformusic.com|publisher = PRS For Music|date = |accessdate = 2020-03-11}}</ref>
*[[2014年]] - [[尾高賞]]
*[[2018年]] - [[国際交流基金賞]]
 
== 主要作品 ==
=== オペラ舞台作品 ===
* リアの物語(初めてのオペラ作品、1998(1998ドイツ、ミュンヘン・ビエンナーレの委嘱)
* 班女(オペラ2作品目、2004(2004年フランス、[[エクサン・プロヴァンス音楽祭]]で世界初演)
* 松風(オペラ3作品目、2011(2011ベルギー、[[モネ劇場]]他で初演)
* 大鴉 (2011年、メゾ・ソプラノと12人の奏者のためのモノドラマ)
* Stilles Meer 海、静かな海(オペラ4作品目、2016(2016ドイツ、委嘱した[[ハンブルク州立歌劇場]]で初演 原作・演出 [[平田オリザ]]<ref>[{{Cite web |url = https://en.karstenwitt.com/magazine#ID-e76179b342|title = "WE MUST LOOK AT WHAT HAS HAPPENED – TOSHIO HOSOKAWA ON HIS NEW OPERA"]|website = en.karstenwitt.com|publisher = KARSTEN WITT MUSIK MANAGEMENT|date = (翻訳)[http|accessdate = 2020-02-15}}</ref><ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20200214235543/https://www.schottjapan.com/news/2016/160118_182535.html|title = 私たちは起きたことを直視しなければならない – 細川俊夫、新作オペラを語る』]|website = www.schottjapan.com|publisher = ショット・ミュージック|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>
* 二人静 (2017年<ref>{{Cite web |url = https://en.karstenwitt.com/futari-shizuka-the-maiden-from-the-sea
|title = futari shizuka - the maiden from the sea|website = en.karstenwitt.com|publisher = karsten witt musik management|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>)
* 地震・夢 (2017-2018年<ref>{{Cite web |url = https://www.hazardchase.co.uk/18006-cambreling-gives-world-premiere-of-new-opera-in-stuttgart |title = New opera by Toshio Hosokawa|website = www.hazardchase.co.uk|publisher = Hazard Chase|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>)
 
=== 管弦楽曲 ===
* 遠景Ⅰ:オーケストラのための(京都市委嘱作品/[[小林研一郎]]指揮、[[京都市交響楽団]]初演)
* 遠景Ⅱ:オーケストラのための([[群馬交響楽団]]創立50周年を記念した委嘱作品/[[高関健]]指揮、[[群馬交響楽団]]初演
* 遠景Ⅲ:福山の海風景:オーケストラのための(福山市制80周年記念委嘱作品/[[十束尚宏]]指揮、[[広島交響楽団]]初演<ref>[{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20180616053700/https://en.schott-music.com/shop/ferne-landschaft-iii-no159356.html|title Schott]= 福山市制80周年記念委嘱作品|website = en.schott-music.com|publisher = ショット・ミュージック|date = |accessdate = 2020-02-15}}</ref>)
* フルート協奏曲ペル・ソナーレ
* ランドスケープ III, VI
* 時の深みへ
* バビロンの流れのほとりにて
* ヒロシマ・声なき声
* 打楽器協奏曲「旅人」(2000)(2000年)
* 循環する海(2005年8月20日ゲルギエフ指揮の[[ウィーン・フィル]]により世界初演、ザルツブルク音楽祭の委嘱)
* ホルン協奏曲開花の時(2011年2月10日[[サイモン・ラトル]]指揮・シュテファン・ドール独奏の[[ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団|ベルリン・フィル]]により世界初演)
* ピアノとオーケストラのための「月夜の蓮 —モーツァルトへのオマージュ(2006年)
* ソプラノとオーケストラのための「嘆き」(2013年ザルツブルク音楽祭委嘱作品/世界初演
 
=== 室内楽・独奏曲 ===
* 線 I - VII
* うつろひ
* 沈黙の花
* 雲景
* ヴィオラのための 哀歌 −東日本大震災の犠牲者に捧げる− (2011年)
 
=== 声楽曲 ===
* 観想の種子(声明、雅楽)
* 恋歌 I - III
* 女声合唱(16声部)のための「夜の呼び声」(1983)
* 混声合唱のための「Ave Maria」(1991)
* 混声合唱のための「Ave Maris Stella」(1991)
* 鳥たちへの断章 I
* テネブレ
* 児童合唱のための 「歌う木〜武満徹へのレクイエム」(1997)
* 混声合唱と打楽器のための蓮の花 −ロベルト・シューマンへのオマージュ−(2006年)
 
=== 映画音楽 ===
* [[死の棘]](1990)(1990年)
* [[眠る男]](1996、第51回[[毎日映画コンクール]]音楽賞
 
=== 著書 ===
* 魂のランドスケープ(岩波書店) 第46回[[日本エッセイスト・クラブ賞]]受賞
*『細川俊夫音楽を語る――静寂と音響、影と光』(アルテスパブリッシング)
 
== ディスコグラフィー ==
*細川俊夫 : 音宇宙I 細川俊夫作品集 Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙II ペル・ソナーレ Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙III 観想の種子 Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙IV ヒロシマ・レクイエム Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙V 時の深みへ Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙VI バビロンの流れのほとりにて Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙VII うつろひ・なぎ Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙VIII ヒロシマ 声なき声 Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙IX 回帰 Fontec
*細川俊夫 : 音宇宙X メモリー Fontec
*Toshio Hosokawa : Landscapes, ECM 2011年
*Toshio Hosokawa : Silent Flowers - string quartets, Wergo 2013年
*Toshio Hosokawa : Quintet & Solos, Wergo 2014年
*Toshio Hosokawa : Voyage VIII - Voyage X Nozarashi - Stunden-Blumen - Arc Song - Lied, Wergo 2015年
*Toshio Hosokawa : Solo Concertos Vol. 1, Neos 2009年
*Toshio Hosokawa : Solo Concertos Vol. 2, Neos 2012年
*Toshio Hosokawa : String Quartets, Neos 2012年
*Toshio Hosokawa : Flute Music, Naxos 2010年
*細川俊夫 : 管弦楽作品集 第1集, Naxos 2014年
*細川俊夫 : 管弦楽作品集 第2集, Naxos 2014年
*細川俊夫 : 大鴉, Naxos 2017年
*細川俊夫 : 管弦楽作品集 第3集, Naxos 2018年
*Toshio Hosokawa : Vertical Time Study, Col legno 1997年
*Toshio Hosokawa : Voiceless Voice In Hiroshima, Col legno 2002年
*Toshio Hosokawa : Landscape I, II&V, Montaigne 1996年
*Toshio Hosokawa : Tabi-bito, Sen VI & Die Lotosblume, Stradivarius 2008年
*Toshio Hosokawa : Orchestral Works, Stradivarius 2012年
*Toshio Hosokawa : Birds Fragments etc, Stradivarius 2012年
*Toshio Hosokawa : Koto Uta / Voyage I / Saxophone Concerto, Kairos 2002年
*Toshio Hosokawa : Gardens, Kairos 2019年<ref>{{Cite web |url = https://www.kairos-music.com/cds/0015017kai|title = TOSHIO HOSOKAWA: gardens|website = www.kairos-music.com|publisher = KAIROS|date = |accessdate = 2020-02-21}}</ref>
 
== 参考文献 ==
* Toshio Hosokawa - Stille und Klang, Schatten und Licht, Gespräche mit Walter-Wolfgang Sparrer, Wolke Verlag 224 S., zahlr. Abb., Nbsp., geb., € 24.80, ISBN 978-3-93600-047-4 アルテスパブリッシングによる『細川俊夫音楽を語る――静寂と音響、影と光』のドイツ語版
* Luciana Galliano - Lotus : la musica di Toshio Hosokawa (Auditorium Edizioni): 2013 €28,90, ISBN 978-8-88678-484-9
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 出典 ==
* BWV Musica Viva音楽祭の「声なき声」初演当時のプログラムノートには、広島の原爆と細川の個人様式についての詳細な記述を含む。
* ワルシャワの秋2006公式パンフレット、特に細川に焦点が置かれた。
* Darmstadt Ferienkurse 講義録音、1992-2006までダルムシュタット国際現代音楽研究所に保存テープあり。
* 日本ショットの作曲家50歳記念カタログ
* Fontec作品集の作品解説、ほか。
 
== 外部リンク ==
* [httphttps://www.schottjapan.com/composer/hosokawa/bio.html 日本ショット株式会社(略歴、作品リスト)]
{{DEFAULTSORT:ほそかわ としお}}
 
{{毎日映画コンクール音楽賞}}
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:ほそかわ としお}}
[[Category:日本の作曲家]]
[[Category:合唱音楽の作曲家]]
匿名利用者