「ウィントン・ケリー」の版間の差分

→‎来歴: 表記修正
(→‎来歴: 表記修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 来歴 ==
ケリーはティーンエイジャーのとき [[リズム・アンド・ブルース|R&B]] グループのメンバーとしてプロのキャリアを開始した。レイ・エイブラムズ Ray Abrams 、[[セシル・ペイン]] Cecil Payne 、[[ダイナ・ワシントン]]、[[ディジー・ガレスピー]] <ref>[http://www.downbeat.com/artists/window.asp?action=new&aid=572&aname=Wynton+Kelly ''Wynton Kelly''] - [[w:en:Down Beat|DOWNBEAT]].COM (英語)</ref> と働いた後、[[1959年]]から[[1963年]]には[[マイルス・デイヴィス]]のクインテットのメンバーとなった。彼はデイヴィスの1959年の影響力のあるアルバム『[[カインド・オブ・ブルー]]』のトラック「フレディ・フリーローダー」 "Freddie Freeloader" に[[ビル・エヴァンス]]に替わり(デイヴィスがケリーに、より[[アーマッド・ジャマル]] Ahmad Jamal のようなサウンドを)参加した。同様に[[ジョン・コルトレーン]]の『[[ジャイアント・ステップス]]』から一曲トラック「ネイマ」 "Naima" は[[トミー・フラナガン (ミュージシャン)|トミー・フラナガン]]に替わり参加している。
 
マイルス・デイヴィスはケリーを、[[レッド・ガーランド]]とビル・エヴァンスの「ハイブリッド」と評した。これは彼のかつてのバンドリーダーによるケリーについての非常に確な説明で、ケリーは(レッド・ガーランドのような)[[リズム]]ドライヴ根底ベースにしながらつつかなりをビル・エヴァンス流の控えめな風に抑制された表現で演奏を行った。
 
大部分のジャズピアニストは、ウイントン・ケリーがこれまでで最もスウィングするジャズピアニストであると見なしている。彼の[[8分音符]]の分析は、彼がスウィングの幅を広く変化させていたことを明らかにしている。時には伝統的なスウィングする8分音符よりも、むしろよりストレートな8分音符に演奏する傾向があり、更には[[ビート (音楽)|ビート]]の「オントップ」で、初期のピアニストの習慣であった「レイドバック」をより少なく演奏した。ケリーはまた、明確な[[演奏記号#アーティキュレーションを示す記号|スタッカート]]のタッチによる均等な8分音符のラインで演奏する傾向がある。この様式上の特徴は、より「モダンな」サウンドのためにこのコンセプトを採用し拡大した[[マッコイ・タイナー]]、[[チック・コリア]]、[[ハービー・ハンコック]]のようなピアニストの方法導いた生んだ
 
素晴らしい伴奏者、ウイントン・ケリーは特徴的なソリストでもあった。彼はトリオで[[ブルーノート・レコード|ブルーノート]]のためにレコーディングし([[1951年]])、1951~[[1952年]]の間にダイナ・ワシントン、ディジー・ガレスピー、[[レスター・ヤング]]と働いた。を勤めた後、ダイナ・ワシントン([[1955年|1955]]~[[1957年]])、[[チャールズ・ミンガス]]([[1956年|1956]]~1957年)、ディジー・ガレスピー・ビッグバンド(1957年)とともに働いたが、マイルス・デイヴィス(1959~1963年)との期間が最も有名であり、マイルスと『カインド・オブ・ブルー』、『ブラックホークのマイルス・デイビス』 ''At The Blackhawk'' 、『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』 ''Someday My Prince Will Come'' といったアルバムをレコーディングした。ケリーは自身のトリオを結成するために、残りの[[リズム体|リズムセクション]]([[ベーシスト]]: [[ポール・チェンバース]]、[[ドラマー]]: [[ジミー・コブ]])とともにデイヴィスのもとを去った。このトリオは後に[[ウェス・モンゴメリー]]との共演ですばらしい演奏を聴かせた。
 
早世する前にケリーは、[[ブルーノート・レコード|ブルーノート]]、[[リバーサイド・レコード|リバーサイド]]、[[ヴィージェイ・レコード|ヴィージェイ]]、[[ヴァーヴ・レコード|ヴァーヴ]]、[[マイルストーン・レコード|マイルストーン]]へリーダーとしてレコーディングした。パートナーのアン Anne とケリーには、1963年に娘トレイシー Tracy が生まれた。 [[レコード#レコードの諸形態|LP]] 『カミン・イン・ザ・バック・ドア』 '' Comin' In The Back Door'' のトラック「リトル・トレイシー」 "Little Tracy" は、ケリーの娘の名をとって名づけられた。現在トレイシー・マティサック Tracy Matisak は、[[フィラデルフィア]]・テレビのパーソナリティである。
 
ケリーのまたいとこ、ベーシストの[[マーカス・ミラー]]もまた[[1980年代|80年代]]と[[1990年代|90年代]]にマイルス・デイヴィスと演奏した。
 
ピアニストのエリス・マルサリスはケリーに敬意を表し、自分の息子をウィントンと名づけた。その息子は後に活躍する[[トランペット]]奏者[[ウィントン・マルサリス]]である。
 
==ディスコグラフィ==