「高木正陳」の版間の差分

校正をしました。
(校正をしました。)
4代藩主・[[高木正盛]]の次男として誕生。母は[[板倉重矩]]の娘。
 
[[天和 (日本)|天和]]元年([[1681年]])7月11日、先代藩主で兄・[[高木正豊]]が嗣子無くして若死にしたため、その跡を継いだ。同年7月22日、5代将軍・[[徳川綱吉]]にお目見えする。[[元禄]]2年([[1689年]])5月14日、[[番頭#江戸幕府の番頭|大番頭]]に就任する。同年12月27日、従五位下主水正に叙任する。元禄12年2月2日、河内国[[丹南郡]]内の領地の一部を[[下野国]][[足利郡]]内に移される。[[正徳 (日本)|正徳]]元年([[1711年]])1月11日、[[奏者番]]に就任する。[[元文]]6年([[1741年]])正月に病に倒れ、2月5日に死去した。享年77。跡を養嗣子・[[高木正恒|正恒]]が継いだ。墓所は[[東京都]][[杉並区]]永福の栖岸院
 
[[元禄]]元年([[1688年]])には[[叡福寺]]の上の御堂、二天門、回廊、鐘楼を建立している。
 
元禄2年([[1689年]])5月14日、[[番頭#江戸幕府の番頭|大番頭]]に就任する。同年12月27日、従五位下主水正に叙任する。元禄12年2月2日、[[河内国]][[丹南郡]]内の領地の一部を[[下野国]][[足利郡]]内に移される。[[正徳 (日本)|正徳]]元年([[1711年]])1月11日、[[奏者番]]に就任する。[[元文]]6年([[1741年]])正月に病に倒れ、2月5日に死去した。享年77。跡を養嗣子・[[高木正恒|正恒]]が継いだ。墓所は[[東京都]][[杉並区]]永福の栖岸院。
 
茶人であり、[[一尾伊織]]の門人の一人であった。