「ラリサ・ネーランド」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎外部リンク: 体裁を調整。)
|フルネーム(英語名)=
|愛称=
|国籍={{SSR}}(1983(1983-1991)1991)<br />→{{LVA}}(1992(1992-)
|出身地=ウクライナ・リヴィウ
|居住地=ラトビア・ユールマラ
|ダブルス最高=1位
}}
'''ラリサ・サブチェンコ・ネーランド'''('''Larisa(Larisa Savchenko-Neiland''', [[1966年]][[7月21日]] - )は、[[ラトビア]]の元女子プロ[[テニス]]選手。[[ウクライナ]]・[[リヴィウ]]生まれ。[[ソビエト連邦]]の時代から活動し、[[ソ連崩壊]]後は[[ラトビア]]・[[ユールマラ]]に住んだ。彼女はダブルスの名手として長く活躍し、[[女子テニス協会|WTA]]ツアーでシングルス2勝、ダブルス65勝を挙げ、[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]でも女子ダブルス2勝・混合ダブルス4勝を達成した。旧姓「ラリサ・サブチェンコ」(''Larisa Savchenko'')というが、[[1989年]]にアレックス・ネーランド(Alex Neiland)と結婚した。
 
== 来歴 ==
ネーランドのテニス経歴は、[[ソビエト連邦|ソ連]]時代の[[1983年]]から始まる。[[1988年]]、彼女は[[1988年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]で同じソ連の[[ナターシャ・ズベレワ|ナタリア・ズベレワ]]とペアを組んで初の女子ダブルス決勝に勝ち進み、[[シュテフィ・グラフ]]&[[ガブリエラ・サバティーニ]]組と熱戦を繰り広げた。ソ連ペアは 3-6, 6-1, 10-12 で敗れ、グラフが単複2冠を獲得した。続く[[1988年全米オープン (テニス)|全米オープン]]で、サブチェンコは初めてシングルス準々決勝に進出したが、第5シードのサバティーニに 6-4, 4-6, 1-6 の逆転で敗れた。彼女のシングルス自己最高ランキング「13位」は、ソ連時代の1988年5月-6月にかけて記録したものである。
}}
 
{{DEFAULTSORT:ねらんと らりさ}}
[[Category:ラトビアの女子テニス選手]]
[[Category:ソビエト連邦のテニス選手]]