「ナツメグ」の版間の差分

ピリットした→ピリッとした
(→‎世界生産: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(ピリットした→ピリッとした)
 
===果実===
[[果皮]]はジャムを作るために使われたり、あるいは薄く切って、砂糖と調理し、結晶化させて香りの良い飴にする。薄く切ったナツメグ果実の果肉からはインドネシアの''manisan''というデザートが作られる。これは、風味を加えたシロップ浸け、あるいは''manisan pala''と呼ばれる砂糖で覆われた乾燥したものである。{{仮リンク|ペナン料理|en|Penang cuisine}}では、乾燥して細く刻んで砂糖をまぶしたナツメグの皮がペナン独特の[[アイスカチャン]]のトッピングとして使われる。また、氷で冷やしたナツメグジュースを作るために、ナツメグの皮を混ぜ合わせたり(新鮮で青いピリッした味の白色のジュースになる)茹でたり(より甘く茶色のジュースになる)する。インド・ケーララ州の[[マラバル地方]]では、ナツメグはジュースや野菜ジャム、チャツネを作るために使われる<ref name="Chapman2007"/>。
 
==料理以外の利用==
匿名利用者