「ハドスン夫人」の版間の差分

 
 
== パスティーシュ作品におけるハドスン夫人 ==
ホームズに関わった女性としては、[[アイリーン・アドラー]]と並んでシャーロキアンに重要視されるハドスン夫人だが、ホームズとの関わり以外では、その来歴や私生活は原作で多くを語られていない。その点がまた、シャーロキアンの想像をたくましくさせても来たいる
 
最も大胆な推理は、ハドスン夫人は実はホームズの恋人であってその本名はアイリーン・アドラーだった、とするものである。これは『ボヘミアの醜聞』で下宿の女主人がハドスン夫人ではなくターナー夫人であるという謎を合理的に解決する仮説である。ただし、ワトスンの手記には『ボヘミアの醜聞』の事件がホームズとアドラーのただ一度きりの出会いだったと書かれている。
 
=== 映画・テレビ ===
; 『[[名探偵ホームズ]]』
:* 日伊合作のテレビアニメ。最初期の[[航空機]]パイロットであった夫を事故で失った、19歳の若き未亡人として描かれた。ファーストネームはマリー。かつては「街道マリー」と呼ばれ、航空機レースへの出場や、ワトスンを車に乗せてのカーアクションのほか、疾走する車上から[[リボルバー]]で航空機を狙撃するなど、男性顔負けの活動的な一面を見せている。一方かの[[ジェームズ・モリアーティ|モリアーティ]]教授の人質にはなったが、教授部下たちいくばくかの心の交流を結ぶという場面もあった。K・M・ペイトンの『フランバース屋敷の人々』のヒロインが、設定上のモデルとなっている。[[声優]]は[[麻上洋子]](テレビ版)、[[信澤三惠子|信沢三恵子]](劇場版)。
:
; 『[[名探偵コナン ベイカー街の亡霊]]』
:* テレビアニメ『[[名探偵コナン (アニメ)|名探偵コナン]]』の劇場版。新型ゲーム機「コクーン」が作り出した仮想空間「オールドタイムロンドン」にて、[[江戸川コナン]]たちがまず訪れたのが、ベイカー街221号B室である。しかし、ホームズとワトソン博士が不在だったため、ハドスン夫人に出迎えられる。声優は[[はやみけい|速見圭]]。
:
; 『シャーロックホームズ』
:* 脚本・三谷幸喜の人形劇。シャーロック・ホームズが過ごすベイカー寮の寮母。ホームズであり、彼のことを「シャーロック」と呼ぶ。ホームズには「ハドソン夫人」と呼ばれているが、壁新聞では「ターナー夫人」と匿名で表記される。
 
=== パロディまたはパスティーシュ ===
; 『シャーロック・ホームズ家の料理読本』([[1981年]]) - [[成田篤彦]]訳、[[晶文社]]
:* イギリスの料理研究家[[ファニー・クラドック]]著。ハドソン夫人が書いたという設定の料理本。料理のレシピのほか、ヴィクトリア時代の生活の知恵が紹介されており、随所にホームズやワトソンに纏わるエピソードが盛り込まれている。なお、本書ではハドソン夫人のファーストネームはサラとなっている。
:* [[2012年]]に[[朝日文庫]]から再版。ISBN 978-4022646583
; 『[[シャーロック・ホームズの宇宙戦争]]』([[1969年]]) - [[深町眞理子]]訳、[[創元推理文庫|創元推理文庫SF]]([[1980年]])
:* アメリカの作家[[マンリー・W・ウェルマン]]とウェイド・ウェルマン親子の共著。ホームズや[[チャレンジャー教授]]らが([[ハーバート・ジョージ・ウェルズ|H・G・ウェルズ]]の)『[[宇宙戦争 (H・G・ウェルズ)|宇宙戦争]]』に遭遇する。
:* ヒロイン的扱いで、従来の中年女将ではなく、魅力的な女性に描かれている。なお、本書ではハドソン夫人のファーストネームはマーサとなっている。
 
== 脚注 ==
匿名利用者