「Lの世界」の版間の差分

(→‎概要: 修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
アメリカのテレビドラマ史上初めて本格的にレズビアンをメインにした作品であり<ref>{{cite news|url= https://tv.eiga.com/series/The_L_word/1/?yclid=YJAD.1588685684.Wn2BaSmdcq1VVnXXBXruk2ADah36XAn_uqjIw9pR0ZmOJAmlU4F6l5NULC3tqw--|title=Lの世界|work=映画.com|accessdate=2016-09-02}}</ref>、[[カミングアウト]]、[[同性婚]]、[[養子縁組]]、[[性転換]]、[[乳癌]]など実社会でも起こり得るリアルなテーマを扱っている<ref>{{cite news|url=https://life.letibee.com/the-l-word-lesbian-tvdrama/|title=女をやめられなくなる “Lの世界”の魅力|work=Letibee Life|date=2015-07-15|accessdate=2015-07-15}}</ref>。本作の放送以前は[[Showtime]]のオリジナルドラマは最長でもシーズン5までしか製作されたことがなかったが、同局で初めてシーズン6まで製作された作品でもある<ref>{{cite news|url=https://www.crank-in.net/fdrama/title/20040|title=Lの世界|work=クランクイン!|accessdate=2020-03-20}}</ref>。
 
[[2006年]]には[[GLAADメディア賞]][[GLAADメディア賞ドラマシリーズ賞|最優秀ドラマシリーズ賞]]、[[2009年]]には同賞の審査員特別賞を受賞。[[エミー賞]]や[[サテライト賞]]にもノミネートされるなど高い評価を得た<ref>{{cite news|url=https://www.imdb.com/title/tt0330251/awards|title=The L Word|work=Internet Movie Date Base|accessdate=2020-03-02}}</ref>。アメリカや[[カナダ]]、[[イギリス]]、[[ドイツ]]、[[カナダ]]、[[大韓民国]]、[[イスラエル]]など約50か国で放送され、[[日本]]でも[[CS放送]]の[[FOXライフ]]や[[LaLa TV]]で放送された。
 
本作の構想は、自身もレズビアンである{{仮リンク|アイリーン・チェイケン|en|Ilene Chaiken}}によるものである。チェイケンが初めて制作会社に企画を持ち込んだのは[[1999年]]であった。1年後、『[[クィア・アズ・フォーク]]』といったShowtimeの[[ゲイ]]ドラマが高視聴率を取り始めていたため、本作の製作が開始。ロサンゼルスの[[コミュニティ]]がベースであり、内容の大半は実話を基にしている。なお、主要脚本家の10人中9人がレズビアンであり<ref>{{cite news|url=https://ciatr.jp/topics/275897?page=2|title=『Lの世界』に登場する奥が深い名言・名セリフを紹介|work=ciatr|date=2018-03-12|accessdate=2020-04-01}}</ref>、[[第44回ベルリン国際映画祭|ベルリン国際映画祭]][[テディ賞]]受賞映画『[[GO fish]]』監督・脚本および『{{仮リンク|アビーと秘密の部屋|en|Concussion (2013 film)}}』制作の[[ローズ・トローシュ]]や、『GO fish』で共同脚本・主演を務めた[[グィネヴィア・ターナー]]、テディ賞[[テディ賞 #カテゴリー|Siegessäule読者賞]]受賞作『[[恋のミニスカウエポン]]』監督・脚本の[[アンジェラ・ロビンソン]]など、[[クィア]]映像作品界で著名なクリエイターが監督・脚本・プロデューサーとして多数参加している。
388

回編集