「アンフューマ科」の版間の差分

m
編集の要約なし
(86.149.8.101 (会話) による ID:52676283 の版を取り消し)
m
 
 
== 分布 ==
[[アメリカ合衆国]]南東部
 
== 形態 ==
最大種は[[フタユビアンフューマ]]で最大全長116cm。体形は長い。体色は黒または灰色。
 
成体に外鰓はないが、左右に1つずつ鰓穴が残る。四肢は小型で、最大でも2cm程度。指趾は1-3本。目蓋と舌を欠く。<ref name=EoR>{{cite book |editor=Cogger, H.G. & Zweifel, R.G.|author= Lanza, B., Vanni, S., & Nistri A.|year=1998|title=Encyclopedia of Reptiles and Amphibians|publisher= Academic Press|location=San Diego|pages= 72|isbn= 0-12-178560-2}}</ref>
 
人間の約25倍という生物中で最大のDNA量を持つ<ref>[http://www.scientificblogging.com/genomicron/junk_dna_and_the_onion_test "Junk DNA and the Onion Test"] 1 June 2008.</ref>
目蓋と舌を欠く。<ref name=EoR>{{cite book |editor=Cogger, H.G. & Zweifel, R.G.|author= Lanza, B., Vanni, S., & Nistri A.|year=1998|title=Encyclopedia of Reptiles and Amphibians|publisher= Academic Press|location=San Diego|pages= 72|isbn= 0-12-178560-2}}</ref>
 
人間の約25倍という生物中で最大のDNA量を持つ。<ref>[http://www.scientificblogging.com/genomicron/junk_dna_and_the_onion_test "Junk DNA and the Onion Test"] 1 June 2008.</ref>
== 分類 ==
* ''Amphiuma means'' [[フタユビアンフューマ]]
 
== 生態 ==
[[川|河川]]や[[池]][[沼]]、[[湿原|湿地]]などに生息する。流木の下や他の動物が掘った穴などを隠れ家にする。水が干上がると泥の中で夏眠することができる。食性は動物食で、[[昆虫類]]、[[甲殻類]]、[[魚類]]、両生類、[[爬虫類]]などを食べる。[[夜行性]]
 
繁殖形態は卵生。[[体内受精]]。水辺の穴や倒木の下などに卵を産み、母親は卵が孵化するまでの約5ヶ月間卵にとぐろを巻いて保護する。幼生は外鰓を持つ。約4ヶ月で変態して成体となり、外鰓が消失し肺呼吸をはじめるが、完全に機能する内鰓も持つ
食性は動物食で、[[昆虫類]]、[[甲殻類]]、[[魚類]]、両生類、[[爬虫類]]などを食べる。
 
夜行性。
 
繁殖形態は卵生。[[体内受精]]。水辺の穴や倒木の下などに卵を産み、母親は卵が孵化するまでの約5ヶ月間卵にとぐろを巻いて保護する。
 
幼生は外鰓を持つ。約4ヶ月で変態して成体となり、外鰓が消失し肺呼吸をはじめるが、完全に機能する内鰓も持つ。
 
== 人間との関係 ==
475

回編集