「ド・リール子爵」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
2代男爵フィリップ<small>(1828–1898)</small>は義父の要望から「フォーリス<small>(Foulis)</small>」を家名に加えたのち、再び家名を「シドニー」に戻している<ref name=":0" /><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/21104/page/1666|title=No.21104|accessdate=2020年4月15日|publisher=The Gazette 14 June 1850}}</ref>。彼ののちはその長男フィリップ、次男アルジャーノン、三男ウィリアム及びその子ウィリアムの順で爵位は継承された<ref name=":0" />。
 
6代男爵ウィリアム<small>(1909–1991)</small>は保守党の政治家で、{{仮リンク2|空軍大臣 (イギリス)|en|Secretary_of_State_for_Air|label=空軍大臣}}や[[オーストラリアの総督|オーストラリア総督]]を務めている<ref name=":1" /><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/42351/page/3509|title=No.42351|accessdate=2020年4月15日|publisher=The Gazette 12 May 1961}}</ref>。彼は1956年に'''ケント州ペンズハーストのド・リール子爵'''<small>(Viscount De L'Isle, of Penshurst in the County of Kent)</small>に陛爵した<ref name=":1" /><ref>{{London Gazette|issue=40684|date=13 January 1956|page=278|nolink=yes}}</ref>。初代子爵は1965年に遠縁{{仮リンク|シドニー・パトリック・シェリー_(ゴアリング城の第8代準男爵)|en|Sidney_Patrick_Shelley|label=サー・シドニー・シェリー}}より'''(サセックス州ゴアリング城の)準男爵'''<small>(Baronet, of Castle Goring, in the County of Sussex)</small>を相続したため、この準男爵位も子爵位の従属爵位に加わった<ref name=":1" />。
 
その子である2代子爵フィリップ<small>(1945-)</small>が[[2020年]]現在のド・リール子爵家当主を務める。
 
 
一族の邸宅は、[[ケント (イングランド)|ケント州]]{{仮リンク2|タンブリッジ|en|Tonbridge}}にある{{仮リンク2|ペンズハースト・プレイス|en|Penshurst_Place}}<ref name=":1" /><ref name=":2" />。また、かつての邸宅には[[ヨークシャー|ヨーク州]]に位置したイングルビー・マナー<small>(Ingleby Manor)</small>があった<ref name=":2" />。
 
一族の[[モットー (紋章学)|モットー]]は『運命の誘うところへ<small>(Quo Fata Vocant)</small>』<ref name=":0" />。
* [[レスター伯|レスター伯爵]]
* [[ノーサンバーランド公爵]]
* {{仮リンク2|リール子爵|en|Viscount_Lisle}}
* {{仮リンク2|リール男爵|en|Baron_Lisle}}
* [[シェリー準男爵]]