「デイヴィッド・トレフガン (第2代トレフガン男爵)」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
{{仮リンク|ジョージ・トレフガン_(初代トレフガン男爵)|en|George_Trefgarne,_1st_Baron_Trefgarne|label=初代トレフガン男爵ジョージ・トレフガン}}の息子として生まれた<ref name=":0">{{Cite web|title=Trefgarne, Baron (UK, 1947)|url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/trefgarne1947.htm|website=www.cracroftspeerage.co.uk|accessdate=2020-04-24}}</ref><ref name=":1" />。父ジョージが1960年に没すると、弱冠19歳でトレフガン男爵を継承した<ref name=":0" />。{{仮リンク|ヘイリーベリー・アンド・インペリアル・サービス・カレッジ|en|Haileybury and Imperial Service College|label=ヘイリーベリー=インペリアル・サービス大学}}を卒業すると、[[1962年]]の21歳の誕生日に[[貴族院 (イギリス)|貴族院]]の議席を得た<ref name=":1" />。彼は[[自由党 (イギリス)|自由党]](のち[[労働党 (イギリス)|労働党]])の政治家であった父とは異なり、[[保守党 (イギリス)|保守党]]に所属している。
 
1977年より1979年までは野党[[内閣 (イギリス)#院内幹事|院内幹事]]、同年から1981年にかけては[[マーガレット・サッチャー|サッチャー]]内閣下の与党院内幹事を務めた<ref name=":1">{{Cite book|title=Burke's Peerage, Baronetage & Knightage|year=2003年|publisher=Wilmington, Delaware, U.S.A.: Burke's Peerage|editor=Charles Mosley|editor-last=Mosley|editor-first=Charles|edition=107|volume=3|page=3929|date=}}</ref>。幹事職離任後は直ちに{{仮リンク|貿易産業省_(イギリス)|en|Department_of_Trade_and_Industry_(United_Kingdom)|label=貿易政務次官}}に就任して初入閣を果たしたほか、翌年には[[外務・英連邦大臣|外務・英連邦政務次官]]を務めた<ref name=":1" />。1985年以降もサッチャー政権下の国防補佐担当大臣、{{仮リンク|国防運用担当大臣|en|Minister_for_Defence_Procurement|label=}}及び{{仮リンク2|貿易産業担当大臣|en|Minister_of_State_for_Trade}}を歴任したのち、枢密顧問官に任じられている<ref name=":1" /><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/51578/supplement/1|title=No.51578|accessdate=2020年4月25日|publisher=The Gazette 30 December 1988}}</ref>。
 
彼は1999年の[[貴族院改革]]以降も引き続いて、同院に籍を置く92人の[[世襲貴族]]の一人である<ref name=":0" />。2016年に{{仮リンク|ブルース・グロコット|en|Bruce_Grocott,_Baron_Grocott|label=グロコット卿}}が提出した世襲貴族制度全廃法案の審議を巡っては[[議事妨害]]を敢行、廃案に追い込んだ<ref name="Filibuster2016">{{cite news|title=Hereditary peers reform plan runs out of time|url=https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-38261542|accessdate=11 September 2017|work=[[BBC News Online]]|publisher=[[BBC]]|date=25 April 2020}}</ref><ref>{{Cite web|title=A handful of hereditary peers are trying to stifle reform – they are on the wrong side of history|url=https://www.electoral-reform.org.uk/a-handful-of-hereditary-peers-are-trying-to-stifle-reform-they-are-on-the-wrong-side-of-history/|website=www.electoral-reform.org.uk|accessdate=2020-04-24|language=en-US|publisher=|last=Jessica|first=Garland}}</ref>。
{{s-off}}
{{s-bef|before={{仮リンク|アラン・クラーク|en|Alan_Clark}}}}
{{s-ttl|title={{仮リンク2|貿易産業担当大臣|en|Minister_of_State_for_Trade}}|years=1989年-1990年}}
{{s-aft|after=[[ティム・セインズベリー]]}}
|-