「日琉語族」の版間の差分

 
== 概要 ==
「日本語族」は、[[本土#日本における用法|日本本土]]と[[琉球諸島]]<ref>(本項目では[[奄美群島]]を含む。以下同じ)</ref>の言語を同系統の別言語と定義した上で、両者を包括する際に使われる用語である。いずれも多くの[[方言]]に分類でき、特に琉球諸島では地域差が著しいため、諸言語の集合として「琉球諸語」と捉えることもあり、日本語族を琉球語派と日本語派に2分することもある。
 
一方、琉球諸島の言語を日本語の一方言として扱う場合には、「日本語」が日本語族の代わりに使われ、日本語派は「本土方言」、琉球語派は「琉球方言」または「南島方言」とされる。この場合、日本語は同系統の言語の存在が証明されていない「[[孤立した言語]]」であるとみなされる。