「飯塚バイパス」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎脚注: テンプレート設置忘れ(完全に見落としていた…))
 
 
== 概要 ==
[[2002年]]に直方バイパスが完成するまでは、起点の[[北九州市|北九州]]方面からなら国道200号(現・[[国道211号]])の北九州市]][[八幡西区]]木屋瀬、直方市感田地区を抜け、一旦[[福岡県道22号田川直方線|県道22号田川直方バイパス]]に入り、下境交差点から飯塚バイパスに入るという迂回をしなければならなかった。2002年に直方バイパスが暫定完成、[[2005年]]には直方バイパスの完成4車線化工事が完了し、現在は北九州市よりの直通での利用が可能となり非常に便利になっている
 
2002年に直方バイパスが暫定完成し、飯塚バイパスに接続され、[[2005年]]には直方バイパスの完成4車線化工事が完了したことから、現在は北九州市よりの直通での利用が可能となっている。
全線が中央分離帯ありの4車線道路のため非常にスピードが出る道路だが、そのために速度取り締まりが厳しくなっている。飯塚市の新飯塚地区などに[[自動速度違反取締装置|オービス]]が設置されており、飯塚市の鯰田・頴田地域の上り車線では白バイによる取締りが多く、下り車線では飯塚市の立岩地区(嘉穂東高校からの合流地点)で、パトカーによる一時停止違反の取締りが頻繁に行われている。
 
全線が中央分離帯ありの4車線道路のため非常にスピードが出る道路だが、そのために速度取り締まりが厳しくなっている。飯塚市の新飯塚地区などに[[自動速度違反取締装置|オービス]]が設置されており、いる。飯塚市の鯰田・頴田地域の上り車線では白バイによる取締りが多く、下り車線では飯塚市の立岩地区(嘉穂東高校からの合流地点)で、パトカーによる一時停止違反の取締りが頻繁に行われている。
直方・飯塚バイパス全線開通後も、八幡西区馬場山交差点と飯塚市水江交差点を結ぶ[[遠賀川]]沿いを走る旧道は、国道指定解除をせずに引き続き国道200号となっているが、直方市街地を抜けると、道幅が狭いことで地元利用者以外で通る車は少ない他、[[国土交通省]]は当該区間の移管を計画している<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/common/000028178.pdf 別添2 (1) 移管する方向で今後更に調整を進めていくもの]}} p14</ref>。
 
直方・飯塚バイパス全線開通後も、八幡西区馬場山交差点と直方市街地を通り飯塚市水江交差点を結ぶで飯塚バイパスと合流するまでの[[遠賀川]]沿いを走る旧道は、国道指定解除をせずに引き続き国道200号となっているが、直方市街地を抜けると、道幅が狭いことで地元利用者以外で通る車は少ないほか、[[国土交通省]]は当該区間の移管を計画している<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/common/000028178.pdf 別添2 (1) 移管する方向で今後更に調整を進めていくもの]}} p14</ref>。
 
== 通過する自治体 ==