「アトレティコ・マドリード」の版間の差分

今シーズンから、本拠地を[[エスタディオ・ビセンテ・カルデロン]] から、[[ワンダ・メトロポリターノ|エスタディオ・メトロポリターノ]]に移転した。新スタジアムでの最初の試合は、2017年9月16日[[プリメーラ・ディビシオン|ラ・リーガ]]第4節アトレティコ対[[マラガCF]]で、[[アントワーヌ・グリーズマン]]が初得点を決めた。
シメオネは就任7シーズン目となり、冬に[[チェルシーFC|チェルシー]]から[[ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ|ジエゴ・コスタ]]が復帰。また、[[中国]]・[[中国サッカー・スーパーリーグ|スーパーリーグ]]の[[大連一方足球倶楽部]]へと移籍した[[ニコラス・ガイタン]]と[[ヤニック・フェレイラ・カラスコ|ヤニック・カラスコ]]の後釜として、[[セビージャFC|セビージャ]]から[[サッカースペイン代表|スペイン代表]]MF[[ビクトル・マチン・ペレス|ビトーロ]]を獲得。リーグ戦においては、序盤こそは二者に追随を許すも、最終的には2位フィニッシュ。[[アントワーヌ・グリーズマン|グリーズマン]]がチーム最多の19ゴール。[[UEFAチャンピオンズリーグ|チャンピオンズリーグ]]ではグループCにポット分けされ、[[ASローマ|ローマ]]、[[チェルシーFC|チェルシー]]、[[カラバフFK|カラバフ]]と同組になった。勝ちきれない試合が多く、結果、1勝4分1負の成績で[[UEFAヨーロッパリーグ|ヨーロッパリーグ]]へと回った。ここでは持ち前の強さを発揮し、準決勝で[[アーセナルFC|アーセナル]]、決勝で[[オリンピック・マルセイユ|マルセイユ]]を破り5シーズンぶり、3度目の優勝を果たした<ref>{{Cite web|title=アトレティコがマルセイユ下しEL制覇、グリーズマンが2得点|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3174853|website=www.afpbb.com|accessdate=2019-03-02|language=ja}}</ref>。またこの優勝により、シメオネがこのクラブで勝ち取ったタイトルが7つになった。2017年3月23日、[[ソシオ]]数が10万人に到達し、ソシオ数がスペイン国内では[[レアル・マドリード]]を抜き2番目に、世界では8番目に多いクラブになった<ref>{{Cite web|title=2強時代に終止符? ソシオ数でレアルを越えるアトレティコ|url=https://victorysportsnews.com/articles/2728|website=VICTORY ALL SPORTS NEWS|accessdate=2019-09-05|language=ja}}</ref>。クラブのアイコン的存在であったフェルナンド・トーレスの退団が決まった<ref>{{Cite web|title=F・トーレス、アトレティコ退団決定…リーガ最終節でセレモニー開催|url=https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180410/740635.html|website=サッカーキング|accessdate=2020-05-28|language=ja|first=FromOne|last=co.,Ltd}}</ref>。最終節の[[SDエイバル|エイバル]]戦では、スタジアムには6万5000人のファンが訪れ、トーレスはキャプテンマークを付けてフル出場し、2得点を記録。試合後に退団セレモニーが行われた。さらに長年カピタンを務めていたガビもシーズン終了後に退団を表明し、二大功労者がチームを去ることになった。
 
==== 2018-19シーズン ====