「ランタン」の版間の差分

m
→‎同位体: テンプレート用条件文・変数
(en:Lanthanum oldid=955872867を翻訳)
タグ: サイズの大幅な増減
m (→‎同位体: テンプレート用条件文・変数)
[[File:Lanthanum stable nucleus.png|thumb|left|280px|バリウム({{nobr|1=Z = 56}})からネオジム({{nobr|1=Z = 60}})までの安定同位体(黒)を示す核種の図の抜粋]]
{{main|ランタンの同位体}}
自然発生するランタンは安定した<sup>139</sup>Laと原始の長寿命放射性同位体である<sup>138</sup>Laの2つの同位体で構成される。<sup>139</sup>Laの方がずっと多く、天然ランタンの99.910%を占める。これは[[s過程]](低度から中程度の質量の星で生じる低速[[中性子]]捕獲)および[[r過程]](コア崩壊[[超新星]]で生じる高速中性子捕獲)で生成する<ref name="Audi">{{citation |title=The N<small>UBASE</small> evaluation of nuclear and decay properties |doi=10.1016/j.nuclphysa.2003.11.001 |last1=Audi |first1=Georges |last2=Bersillon |first2=Olivier |last3=Blachot |first3=Jean |last4=Wapstra |first4=Aaldert Hendrik |authorlink4=:en:Aaldert Wapstra |journal=Nuclear Physics A |volume=729 |pages=3–128 |year=2003 |url=<!-- dead: http://amdc.in2p3.fr/nubase/Nubase2003.pdf -->https://hal.archives-ouvertes.fr/in2p3-00020241/document |bibcode=2003NuPhA.729....3A |ref={{{ref|}}} }}</ref>。非常にまれな同位体<sup>138</sup>Laは数少ない原始[[奇数奇数原子核]]の1つであり、半減期は1.05×10<sup>11</sup>&nbsp;年と長い。これはs過程とr過程で生成できない陽子の多い[[p原子核]]の1つである。<sup>138</sup>Laはより珍しい[[タンタルの同位体|<sup>180m</sup>Ta]]とともに[[ニュートリノ]]が安定した原子核と相互作用するν過程で生成される<ref name="nu-process">{{cite journal | last1 = Woosley | first1 = S. E. | last2 = Hartmann | first2 = D. H. | last3 = Hoffman | first3 = R. D. | last4 = Haxton | first4 = W. C. | year = 1990| title = The ν-process | url = | journal = The Astrophysical Journal | volume = 356 | issue = | pages = 272–301 | doi = 10.1086/168839 }}</ref>。他の全てのランタンの同位体は合成により作られ、半減期が約60,000年の<sup>137</sup>Laを除いては、半減期はすべて1日未満であり、ほとんどの半減期が1分未満である。同位体<sup>139</sup>Laおよび<sup>140</sup>Laはウランの核分裂により生じる<ref name=Audi/>。
 
==化合物==