「常磐自動車道」の版間の差分

(Template:Infobox roadのルール変更に合わせ、アイコンサイズを130pxに縮小、和暦付記)
 
== 概要 ==
埼玉県三郷市を起点とし、[[千葉県]]、[[茨城県]]、[[福島県]]を経由し、[[宮城県]][[亘理町]]へ至る、延長300.4キロメートル(km)の路線である。[[東北自動車道]]、[[関越自動車道]]・[[日本海東北自動車道]]と並ぶ首都圏と東北地方を結ぶ東日本の大動脈の1つである。終点の[[亘理IC]]は[[仙台東部道路]]に直結しており、首都圏と[[三陸地方]]を結ぶ最短経路の重要ルートである。東北自動車道は[[那須高原]]や[[国見峠]]といった積雪地帯を通過する一方、太平洋側を結ぶ本路線は全線に渡り降雪が少なく、積雪に伴う規制は年数回程度と冬期における交通の利便性の向上にも寄与している。
 
全体的には、[[関東平野]]から太平洋側に沿って南北に貫くルートである。[[つくば市]]から宮城県にかけては大部分の区間で[[国道6号]]・[[常磐線]]とほぼ並走するルートを辿るが、つくば市以南は三郷方面と[[つくばエクスプレス]]に沿うようなルートを辿る。
 
広域的に見れば、首都圏 - 仙台間で[[東北自動車道]]のバイパス路線として機能することが期待されている一方、福島県[[いわき市]]以北は暫定2車線区間となり、バイパス路線の機能を十分に生かせていない。なお、東京日本橋 - 仙台市役所間では、東北自動車道経由より約20km短く{{efn|東京日本橋より宝町ランプを経由し、東北道は仙台宮城IC、常磐道ルートは仙台南部道路長町ICを経由すると、東北道ルートが369kmに対し、常磐道ルートは349km。}}、首都圏と仙台を結ぶ高速自動車道としては最短経路である。
 
常磐自動車道の当初の終点は、いわき市とされていたが、[[1987年]]([[昭和]]62年)の国土開発幹線自動車道建設法改正により、仙台市まで延伸された<ref group="注釈">[[いわき中央インターチェンジ|いわき中央IC]]まで開通したのが[[1988年]]であることから、1年違いで幻の全線開通であったともいえる。</ref>。[[いわき中央インターチェンジ|いわき中央IC]] - 亘理ICを高速自動車国道で整備、亘理IC - [[富谷ジャンクション|富谷JCT]]は[[仙台東部道路]]、[[仙台北部道路]]を常磐自動車道に[[高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路|並行する一般国道自動車専用道路]]として供用することとなった<ref group="注釈">今後、仙台東部道路、仙台北部道路、およびこれらを連絡する[[仙塩道路]]の一部([[仙台港北インターチェンジ|仙台港北IC]] - [[利府ジャンクション|利府JCT]]間)についてはこれまでの先例(例:[[山形自動車道]][[笹谷インターチェンジ|笹谷IC]] - [[関沢インターチェンジ|関沢IC]]など)から、利用者の便宜を図ってこれら全てを常磐自動車道と改称する可能性がある(その際該当区間を高速自動車国道に昇格させるケースと、並行する一般国道自動車専用道路扱いのままとするケースが考えられる)。</ref>。なお、全区間で[[国道6号]]や[[東日本旅客鉄道|JR]][[常磐線]]と並行している
 
東京 - 仙台間で[[東北常磐自動車道]][[バイパス道路|バイパス路]]としても機能する。特に開通は[[冬|冬季2015年]](平成27年)[[国道6号3月1日]])沿線(で、経緯は[[浜通り]])は#東日本大震災、東北自動車道沿線([[京電力福島県]][[福島市]]、[[郡山市]]など第一原子力発電所事故[[中通り影響]])と比較して[[降雪]]量が少ないため、東北自動車道が降雪時の代替路として利用可能であるを参照。更に、[[2010年]](平成22年)[[3月]]に[[仙台北部道路]]が富谷JCT経由で東北自動車道と直結されたことで[[仙台都市圏]]自動車専用道路ネットワークが完成しており、当路線全線開通後は仙台以北からいわき・水戸方面へのアクセスが飛躍的に改善された。
 
<!--法令に基づく記載内容は、改正後の市町村合併等を反映させないで下さい。-->
[[国土開発幹線自動車道]]の'''常磐自動車道'''は、以下のとおりとされている。
|仙台市
|}
 
[[東北縦貫自動車道]]([[東北自動車道]])と結ばれ、[[国土軸|北東国土軸]]の強化を目的としている。
 
東京都練馬区 - 埼玉県川口市の区間について[[東北縦貫自動車道]]と、東京都練馬区 - 埼玉県三郷市の区間について[[東関東自動車道]]と、宮城県富谷市 - 仙台市の区間について東北縦貫自動車道と重複している。
 
三郷市以西の区間については、[[1994年]]までに[[東京外環自動車道]]として開通している。
 
常磐自動車道の当初の終点は、いわき市とされていたが、[[1987年]]([[昭和]]62年)の国土開発幹線自動車道建設法改正により、仙台市まで延伸された<ref group="注釈">[[いわき中央インターチェンジ|いわき中央IC]]まで開通したのが[[1988年]]であることから、1年違いで幻の全線開通であったともいえる。</ref>。[[いわき中央インターチェンジ|いわき中央IC]] - 亘理ICを高速自動車国道で整備、亘理IC - [[富谷ジャンクション|富谷JCT]]は[[仙台東部道路]]、[[仙台北部道路]]を常磐自動車道に[[高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路|並行する一般国道自動車専用道路]]として供用することとなった<ref group="注釈">今後、仙台東部道路、仙台北部道路、およびこれらを連絡する[[仙塩道路]]の一部([[仙台港北インターチェンジ|仙台港北IC]] - [[利府ジャンクション|利府JCT]]間)についてはこれまでの先例(例:[[山形自動車道]][[笹谷インターチェンジ|笹谷IC]] - [[関沢インターチェンジ|関沢IC]]など)から、利用者の便宜を図ってこれら全てを常磐自動車道と改称する可能性がある(その際該当区間を高速自動車国道に昇格させるケースと、並行する一般国道自動車専用道路扱いのままとするケースが考えられる)。</ref>。なお、全区間で[[国道6号]]や[[東日本旅客鉄道|JR]][[常磐線]]と並行している。
 
常磐自動車道の全線開通は[[2015年]](平成27年)[[3月1日]]で、経緯は[[#東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響]]を参照。
東京 - 仙台間で[[東北自動車道]]の[[バイパス道路|バイパス路線]]としても機能する。特に[[冬|冬季]]([[国道6号]])沿線([[浜通り]])は、東北自動車道沿線([[福島県]][[福島市]]、[[郡山市]]などの[[中通り]])と比較して[[降雪]]量が少ないため、東北自動車道が降雪時の代替路として利用可能である。更に、[[2010年]](平成22年)[[3月]]に[[仙台北部道路]]が富谷JCT経由で東北自動車道と直結されたことで[[仙台都市圏]]自動車専用道路ネットワークが完成しており、当路線全線開通後は仙台以北からいわき・水戸方面へのアクセスが飛躍的に改善された。
 
本稿では、[[東日本高速道路]](NEXCO東日本)が管理している高速自動車国道の道路名および事業名としての常磐自動車道について述べる。