「側室」の版間の差分

無出典加筆の除去。
(無出典加筆の除去。)
{{人間関係}}
'''側室'''(そくしつ)とは、[[一夫多妻制]]の下の身分の高い階層における[[夫婦]]関係において、夫たる[[男性]]の本妻である[[正室]]に対する概念で、本妻以外の公的に認められた側妻や[[妾]]にあたる[[女性]]を指す<ref>『[[大辞泉]]』</ref>。
 
ただし、側室という単語ができたのは江戸時代になってからである。正式な妻以外にも部屋を与え、側室という形態として本妻と同時にそばにおくようになったのも、豊臣秀吉の財力によって成立したものである。
 
== 側室の実態の多様性 ==