「メリー・ウィドウ」の版間の差分

編集の要約なし
(ciniiリンク切れに対処)
{{Portal クラシック音楽}}
[[File:Lehar Lustige-Witwe KlA-01.jpg|thumb|right|210px|1906年に出版されたピアノ譜の表紙]]
『'''メリー・ウィドウ'''』({{lang-de|''Die lustige Witwe''}}、{{lang-en|''The Merry Widow''}}。[[日本語]]に訳すと「陽気な未亡人」)は、[[フランツ・レハール]]が作曲した3幕からなる[[オペレッタ]]({{仮リンク|ウィンナ・オペレッタ|de|Wiener Operette}})。日本ではもっぱら英訳の題名「メリー・ウィドウ」で呼ばれるが、原題のドイツ語「ルスティゲ・ヴィトヴェ」は[[日本語]]に訳すと「陽気な未亡人」という意味である。
 
== 概要 ==