「Fiber distributed data interface」の版間の差分

「行なう」→「行う」、括弧の修正など。
編集の要約なし
(「行なう」→「行う」、括弧の修正など。)
{{IPstack}}
 
'''Fiber-distributed data interface''' ('''FDDI''') は、[[Local Area Network|LAN]] で[[データ]][[転送]]を行うための標準の一つである。
 
== 概要 ==
データ長は4500[[8ビット|オクテット]]、最大ネットワーク長は200km、最大ノード間距離は2000m、最大接続端末は500台である。 FDDI プロトコルは[[トークンリング]][[プロトコル]]をベースとして採用している。広大な地理的な地域をカバーすることに加えて、 FDDI による LAN は何千人ものユーザをサポートすることができる。標準的な構成として[[光ファイバー]]が使用される([[銅線]]のケーブルを使用することも可能だが、その場合は [[Copper distributed data interface|CDDI]] となる)。 FDDI は二重リング構成になっており、[[トークンリング]]方式を使用する。
 
FDDI は [[ANSI|ANSI, 米国規格協会]] の X3-T9 が主になって標準化された。他のプロトコルを使用する LAN の[[OSI参照モデル]]に従う。 FDDI-II は FDDI の一種で、[[交換機]]のサービスをネットワークに加え、音声や映像などマルチメディアを扱うことができる。 FDDI ネットワークとひろがりつつある [[Synchronous Optical Network]] SONET との接続が始まった。
FDDI ネットワークは二重リング構成になっており、一次リングが故障した場合にバックアップを行うための二次リングを持つ。一次リングは最大 100 [[Mbps]] の伝送速度を提供する。また、ネットワークが二次リングをバックアップとして必要としないときは、二次リングでデータを伝送して伝送速度を 200 Mbps に広げることができる。単一のリングは最大距離を広げることができる。二重リングは 100km まで広がることができる。 FDDI は標準的な 100 Mbps のイーサネットより大きな最大フレーム・サイズを持ち、スループットをよくすることができる。
 
FDDI ネットワークを設計する場合、通常は複数の FDDI リングが階層的に接続された構造にする。FDDI リング同士はいくつかの機器([[ルータ]]や[[集線装置]]の場合が多い)で接続される('''デュアルアタッチ''')。コンピューターはルータや集線装置に'''シングルアタッチ'''で接続される。もっとも単純な構造の FDDI リングは機器が1個の場合である。一般にはコンピューター室程度の広さで FDDI ネットワークが構成されるが、都市内ネットワークのような広域 FDDI が実現した例もある。
 
リング構成のばあい、データ回線は接続された機器全てを必ず通過し、かつそれらの機器全てが常時運用されていなければならないため、 FDDI は複数のリングによる階層構成が必要とされる(通常は光ファイバーによるバイパスも考慮されるが、ネットワーク技術者によれば信頼性に欠けてエラーを起こしやすいと)。[[ネットワーク管理者]]による制御が難しい[[ワークステーション]]や[[ミニコンピュータ]]は FDDI 接続向きではない。
 
デュアルアタッチの代わりに、[[ワークステーション]]を'''デュアルホーム'''(同一 FDDI リング内の異なる2つの機器に接続すること)とし、デュアルアタッチと同程度の信頼性を得ることもできる。片方の接続が有効な場合、もう片方の接続は自動的にブロックされる。最初にコネクションが失敗した場合にはバックアップ用の接続が瞬時に引き継ぐ。
 
主に構内[[イーサネット]]の相互接続に用いられてきたが、速度・費用・汎用性から[[イーサネット|Fast Ethernet]]や([[1998年]]以降は)[[イーサネット|Gigabit Ethernet]]が普及し、FDDI は用いられなくなってきた。現在ではベンダーも FDDI から撤退し、利用は終焉しつつある
現在ではベンダーも FDDI から撤退し、利用は終焉しつつある。
 
4つの FDDI 標準には次のものが含まれる。