「鬼滅の刃」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 サイズの大幅な増減
 
== 反響 ==
漫画の単行本はアニメ放送前の2019年3月の14巻の時点で累計発行部数450万部だったが、アニメが放送終了した後の2019年9月29日時点で1200万部を突破し、アニメ放送期間中に750万部累計発行部数を伸ばした形となった<ref>週刊少年ジャンプ2019年15号 p.89 鬼滅の刃 第149話</ref>。[[日経エンタテインメント!|日経エンタテインメント!]]はシリアスもあるがコミカルさも持ち合わせ、作者の独特の言葉選び、台詞回しが絶妙なバランスで成立して圧倒的な読後感と早く続きを知りたい渇望感を生み出しているとみる<ref name="nikkeienter20202">{{Cite journal |date =2020-2 |title =累計発行部数2500万部を突破、マンガ『鬼滅の刃』って?|journal =日経エンタテインメント! |volume =24 |issue =2 |page =p.76 |publisher =日経BP社 }}</ref>。
漫画の単行本はアニメ放送前の2019年3月の14巻の時点で累計発行部数450万部を突破していたが、アニメ第1期放送終了直後の2019年9月29日時点で1200万部を突破し、アニメ放送期間中に750万部累計発行部数を伸ばした形となった<ref>週刊少年ジャンプ2019年15号 p.89 鬼滅の刃 第149話</ref><ref>{{Cite web|title=アニメ『鬼滅の刃』、劇場版“無限列車編”制作が決定 特報も公開 |url=https://www.oricon.co.jp/news/2145416/full/|date=2019-09-29|accessdate=2019-09-29}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20190901dog00m200051000c.html|title=鬼滅の刃:コミックス累計発行部数が1000万部突破 テレビアニメの影響も|date=2019-09-02|accessdate=2019-10-09}}</ref>。放送終了後も勢いは続き、放送終了から約1か月後の10月23日時点で累計発行部数1600万部を突破。約1か月で400万部累計発行部数を伸ばした形となった<ref>{{Cite news|url= https://www.bookbang.jp/article/592195 |title= たった二ヶ月で1000万部から1600万部へ「鬼滅の刃」の勢いが止まらない! |newspaper= Book Bang |publisher= 新潮社 |date= 2019-11-02 |accessdate= 2019-11-02 }}</ref>。さらに約1か月後の11月27日には累計発行部数2500万部、最新18巻初版100万部を突破し、アニメ放送開始前より約8か月で2000万部ほど部数を伸ばす形となった<ref>{{Cite web|url= https://www.oricon.co.jp/news/2149643/full/|title=大ヒット『鬼滅の刃』2500万部突破へ…2ヶ月弱で累計倍に 新刊18巻は初の初版100万部超え|date=2019-11-27|accessdate=2019-11-27}}</ref>。実売数はアニメ放送前の4月8日時点では累計315.3万部程度だったが、アニメ放送を経た12月23日付の累計は2040.3万部となり、売上規模が6.5倍に拡大した。また、同じ期間での第1巻の実売数の集計ではアニメ放送前は累計26.2万部であったのに対し、12月23日付の集計では累計123.9万部となり約97.7万部の増加となった。12月23日時点で既刊18巻すべての売上が100万部を突破しており、原作とテレビアニメの相乗効果により短期間で売上を伸ばす形となった<ref name="oricon191226"/>。 『[[オリコン]]年間コミックランキング 2019』では期間内の売上部数1205.8万部を記録し、シリーズ初TOP10入りにして初の1位を獲得した<ref name="oricon20191219"/>。2020年2月10日付の週間オリコンランキングでは1位から10位を本作が独占する史上初の記録を達成した<ref>{{Cite news |title=『鬼滅の刃』、史上初の1位~10位独占 既刊18巻で1位~18位独占も記録【オリコンランキング】 |newspaper=オリコンニュース |date=2020-2-7 |url=https://www.oricon.co.jp/news/2154832/full/ |accessdate=2020-3-7 |publisher=オリコン }}</ref>。小説版『しあわせの花』『片羽の蝶』は2020年2月19日の重版を以て累計116万部で、レーベル史上最速の100万部突破だった<ref name="prtimes202027">{{Cite web |title=『鬼滅の刃』小説版、2冊で累計発行部数100万突破!  |newspaper=PR TIMES |date=2020-2-7 |url=https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000132.000011454.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=PR TIMES }}</ref>。人気の理由は本編で描かれていない話が吾峠によるイラスト付きで読めるからだという<ref name="prtimes202027" />。第20巻は初版280万部が発行され、その時点で累計発行部数6,000万部を突破した<ref name=“natalie20200507”>{{Cite web|title=「鬼滅の刃」20巻で累計発行部数6000万部突破、今年2月から2000万部伸びる|url= https://natalie.mu/comic/news/378065|website=コミックナタリー|accessdate=2020-05-07}}</ref>。また、『[[オリコン]]年間コミックランキング 2019』では期間内の売上が1205.8万部を記録し第1位となった<ref name="oricon20191219">{{Cite web|url=https://www.oricon.co.jp/news/2149737/full/|title=【年間本ランキング】アニメ人気で売り切れ続出『鬼滅の刃』が初の年間1位 |date=2019-11-28|accessdate=2019-12-19}}</ref>。なお、『2019年集英社本ランキング』では、期間内の売上が1270万部を記録した『[[ONE PIECE]]』が第1位に、1080万部を記録した本作が第2位となった<ref>{{Cite tweet|author=ONE PIECEスタッフ【公式】 |user=eiichiro_staff |number=1198806266954444801 |title=【2019年集英社本ランキング】13年連続実売1位!『ONE PIECE』 『ONE PIECE』は2019年1270万部 (統計期間 2018年11月19日から2019年11月17日に集計、集英社調べ) で1位を記録しました! |date=2019-11-25 |accessdate=2020-05-18 }}</ref>。
 
[[小新井涼]]は友情努力勝利に代わって人情堅実救済があり、縁で繋がる人情、特訓は超人的ではなく長男だからという理由で頑張る堅実さ、鬼を倒すことが苦しむ鬼の救済だとして、少年漫画というより[[連続テレビ小説|朝ドラ]]のような面があり、アニメファンだけでなく老若男女に受け入れられやすい要素があるとし、[[伊藤剛 (評論家)|伊藤剛]]は最近のバトル漫画は戦闘ルールや知略が複雑する中で本作はシンプルで子供にもわかりやすいが、ジャンプらしからぬ作品でもありキャラクターデザインや色彩は敵味方双方に気味悪さがあってかつてなら俗悪だと批判されたがそうではなく、絵柄の独特さや異質な内容は『[[進撃の巨人]]』と似ているが、進撃は閉塞感など説明しやすいものがあるが本作はうまく説明がつかず、炭治郎の鬼への無私の優しさは社会の摩擦を表したのような今までの批評には収まらずイデオロギーを超えたものを感じている<ref>{{Cite news |title=鬼滅の刃 ジャンプ漫画の新境地 |newspaper=朝日新聞 朝刊 |date=2020-2-18 |publisher=朝日新聞社 |page=23 }}</ref>。
連載途中まで他の並み居るジャンプ作品と比べて人気は控えめで、絵の描き込みの緻密さやメインキャラでも容赦なく死んでしまう物語は万人向けともいえず残酷描写の存在も読者を選ぶ漫画だった<ref name="toyokeizai1">{{Cite news |title=鬼滅の刃が「日本中で愛されまくる」4つの理由 |newspaper=東洋経済オンライン |date=2020-4-27 |url=https://toyokeizai.net/articles/-/342067?page=2 |accessdate=2020-5-17 |publisher=東洋経済新報社 |page=2 }}</ref>。人気の背景として[[数土直志]]はアニメで動きが躍動感を出すためにシンプルな作画になり<ref name="toyokeizai1" />、設定は鬼と鬼殺隊の対立関係はシンプルで入り込みやすく、複数の隊に分かれた鬼殺隊は柱と隊員の間で友情やライバル、先輩後輩などの関係により色々な設定を作ることができるのは『[[聖闘士星矢]]』や[[宝塚歌劇団]]にも共通するシステム、2019年秋以降に単行本が品薄になったことが話題になりインターネット上で拡散したことを挙げている<ref name="toyokeizai2">{{Cite news |title=鬼滅の刃が「日本中で愛されまくる」4つの理由 |newspaper=東洋経済オンライン |date=2020-4-27 |url=https://toyokeizai.net/articles/-/342067?page=3 |accessdate=2020-5-17 |publisher=東洋経済新報社 |page=3 }}</ref>。[[森下達]]は炭治郎と禰豆子は恋人と違って安心して応援できて『[[幽☆遊☆白書]]』の[[飛影 (幽☆遊☆白書)|飛影]]や『[[男はつらいよ]]』を例に妹との関係は戦後を通して王道のモチーフで、ジャンプでは『[[るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-]]』や『[[銀魂]]』のような和風アクションに一定の人気があり、過去の大正舞台の『[[はいからさんが通る]]』や『[[サクラ大戦]]』と違い、敵味方両方に貧困や悲惨な過去があって丁寧に描写され、鬼としての道を選んだ者たちに理解を示しながらも悪として指弾する健全さ、主人公のぶれない安心感、現代の読者が感情移入しやすく描かれ、今までの格好良さを継承して最新型の暴力表現をジャンプらしい王道ファンタジーとして作り上げたことが繋がっているとする<ref name="tokyo2020126">{{Cite news |title=悲しみ背負い 強く、明るく 「鬼滅の刃」心つかむ |newspaper=東京新聞 |date=2020-1-26 |url=https://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2020012602000178.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=東京新聞社 |page=15 }}</ref>。[[鈴木おさむ]]は過去のジャンプ作品と比べてテンポが速く、鬼が各々の事情でそうなってしまった経緯を読むことで悪役に対してとてつもない情が湧くとした<ref>{{Cite journal |date =2019-12-23 |title =鈴木おさむ絶賛「ジャンプ黄金世代にはたまらん」漫画って? |url=https://dot.asahi.com/wa/2019122500007.html?page=1 |journal =週刊朝日 |volume = |issue = |publisher =朝日新聞出版 }}</ref>。[[日経エンタテインメント!|日経エンタテインメント!]]はシリアスもあるがコミカルさも持ち合わせ、作者の独特の言葉選び、台詞回しが絶妙なバランスで成立して圧倒的な読後感と早く続きを知りたい渇望感を生み出しているとみる<ref name="nikkeienter20202">{{Cite journal |date =2020-2 |title =累計発行部数2500万部を突破、マンガ『鬼滅の刃』って?|journal =日経エンタテインメント! |volume =24 |issue =2 |page =p.76 |publisher =日経BP社 }}</ref>。
 
[[島田一志]]は友情努力勝利を活かしながらも雑誌の売り上げのために毎回できる限り盛り上げて強烈な引きで以下次号とする後先考えないのではなく単行本で読んだときに大きな感動や驚きを与えるように伏線張りするゆとりあるネーム作りがジャンプの方向性になっている可能性を指摘した<ref>{{Cite news |title=『鬼滅の刃』漫画売り上げランキングで一人勝ち ゆとりあるネーム作りが成功の秘訣か |newspaper=リアルサウンドブック |date=2020-1-24 |url=https://realsound.jp/book/2020/01/post-491748_2.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=blueprint }}</ref>。[[小新井涼]]は友情努力勝利に代わって人情堅実救済があり、縁で繋がる人情、特訓は超人的ではなく長男だからという理由で頑張る堅実さ、鬼を倒すことが苦しむ鬼の救済だとして、少年漫画というより[[連続テレビ小説|朝ドラ]]のような面があり、アニメファンだけでなく老若男女に受け入れられやすい要素があるとし、[[伊藤剛 (評論家)|伊藤剛]]は最近のバトル漫画は戦闘ルールや知略が複雑する中で本作はシンプルで子供にもわかりやすいが、ジャンプらしからぬ作品でもありキャラクターデザインや色彩は敵味方双方に気味悪さがあってかつてなら俗悪だと批判されたがそうではなく、絵柄の独特さや異質な内容は『[[進撃の巨人]]』と似ているが、進撃は閉塞感など説明しやすいものがあるが本作はうまく説明がつかず、炭治郎の鬼への無私の優しさは社会の摩擦を表したのような今までの批評には収まらずイデオロギーを超えたものを感じている<ref>{{Cite news |title=鬼滅の刃 ジャンプ漫画の新境地 |newspaper=朝日新聞 朝刊 |date=2020-2-18 |publisher=朝日新聞社 |page=23 }}</ref>。また伊藤は残酷な描写も多いが批判が大きくないのは炭治郎たちのいい子さが全体を明るくさせているためで激闘の末に鬼を倒しても手を握り締めたり鬼の武器であった手鞠を亡骸に添えるシーンを例に人と鬼の分け隔てなく優しく接しているからとする<ref>{{Cite journal|和書 |date =2020-4-30 |title =累計6000万部超え「鬼滅の刃」 “女性作者”の素顔と“まもなく連載終了”の事情 |journal =週刊文春 2020年5月7日・14日号 |volume =62 |issue =18 |page =48 |publisher =文藝春秋 |url =https://bunshun.jp/articles/-/37807 |accessdate =2020-5-17 }}</ref>。[[品田英雄]]は悪側の事情に寄り添う作品の特徴はかつての[[ベトナム戦争]]への反戦活動により国家への信用低下、それによる[[アメリカン・ニューシネマ]]のはみ出し者の主人公の生き方が共感を得たり、中国の[[文化大革命]]が若者中心で起こり、権威や体制に刃向うことが正義とされた現象と同じで、テレビドラマ『[[子連れ狼 (萬屋錦之介版)|子連れ狼]]』の一族を殺された[[拝一刀]]が唯一生き残った息子、[[拝大五郎|大五郎]]を連れて剣客として活躍、悪でもみるところがあって否定せず受け入れる物語と通じ、時代が一周して本作が登場、現代は閉塞感やストレスを感じやすい反動で否定しないものを強く求めるのは心理的に必然だとみている<ref>{{Cite journal|和書 |date =2020-4-14 |title =大ヒット漫画『鬼滅の刃』と50年前のエンタメ界の共通点 |journal =女性自身 2020年4月28日号 |volume =63 |issue =14 |publisher =光文社 |url =https://jisin.jp/life/living/1851145/ |accessdate =2020-5-17 }}</ref>。
 
[[ホットリンク]]のTwitter上のデータ調査ではアニメ1期終了後から少年ジャンプ+の定期購読促進のための舞台版のチケット情報、スピンオフ、画集、プレゼント企画など関連コンテンツ展開によりライト層、コア層ともに心をつかんだと分析した<ref>{{Cite news |title=「鬼滅の刃」人気はなぜ衰え知らず? Twitterのクチコミやリツイートからアニメ終了後も続くブームを考察 |newspaper=ねとらぼ |date=2020-4-3 |url=https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/13420/2 |accessdate=2020-5-17 |publisher=アイティメディア |page=2 }}</ref>。
 
漫画、アニメ制作側の見方として、2016年10月から2019年3月まで本作の編集を担当した週刊少年ジャンプ編集部の高野健はアニメをきっかけにファンになった人も多く、吾峠は読者を大切にするためにアンケートの分析を重視、作者は嘘がつけず正直な性格であることがハード展開と関係しており、リアルな戦闘を描くために人間が常勝できない鬼の強さにより、実直に世界観が命のやり取りをリアルに描こうとしていることと心に残る台詞、リズムがよくて繰り返しや倒置法の使い方が魅力的で『ONE PIECE』と共通する「言葉の力」があるとみている<ref>{{Cite news |title=鬼滅の刃:今、最も勢いのあるマンガ 人気の理由 世界感、命のやりとりをリアルに描く |newspaper=まんたんウェブ |date=2019-12-01 |url=https://mantan-web.jp/article/20191130dog00m200042000c.html |accessdate=2020-3-13 |publisher=MANTAN }}</ref>。別の担当編集浅井友輔もリアルな駆け引きの懸命さを見て元気をもらったり応援したり、涙をこぼしたり色んな感情が起こって引き込まれるのが大きな魅力だとする<ref name="nikkeienter20202" />。ジャンプ編集長の[[中野博之]]はここ10年で本作のヒットは特殊で急に面白くなったのではなくアニメを通してやっと伝わったと言い、主人公の側面が大きい今のジャンプでは鬼滅の敵も丁寧に描写されるのは少し外れていて初期はもっと主人公の描写が見たいとの声もあったはずだがそこがストロングポイントとして刺さったと感じている<ref>{{Cite journal |date =2020-3 |title =今、売れてる&これから売れるマンガ|journal =日経エンタテインメント! |volume =24 |issue =3 |page =p.80 |publisher =日経BP社 }}</ref>。アニメ版プロデューサーの[[高橋祐馬]]は友情努力勝利のジャンプ王道作品で、単なる勧善懲悪ではなく登場人物の敵味方に哀しい過去があって人物造形が深いと分析した<ref name="tokyo2020126" />。
 
2017年3月、本作の主人公「竈門炭治郎」を名乗る人物から、養護施設への寄付として愛知県豊田市役所に菓子や緑茶飲料が届けられた<ref>2017年3月23日 毎日新聞地方版より。</ref>。
[[石岡良治]]は近年人気の『進撃の巨人』『[[東京喰種トーキョーグール]]』『[[亜人 (漫画)|亜人]]』のような人間を喰らう敵との戦いでやや残虐さもあるが女性や子供が苦手なグロテスクさは抑えられ、必殺技の描写はジャンプの王道に通ずる外連味溢れる大ゴマを使ったのが魅力の1つで、女性ファンが多いのはうまく和洋折衷され近代の闇を描き、幻想上の近代日本のような設定は[[泉鏡花]]の[[幻想文学]]のような空気が漂い、華麗なビジュアルで展開することで人気が出たとみており<ref name="asahi202028">{{Cite journal|和書 |date =2020-2-8 |title =ジャンプの看板「鬼滅の刃」 熱烈ファン多い理由は「禰豆子」の存在? (1/2) |url=https://dot.asahi.com/wa/2020020600068.html?page=1 |journal =週刊朝日 |publisher =朝日新聞出版 }}</ref>、昔のジャンプ作品のようにキャラがよく死んでいくのも若年層に新鮮に映った可能性を挙げた<ref>{{Cite journal|和書 |date =2020-2-8 |title =ジャンプの看板「鬼滅の刃」 熱烈ファン多い理由は「禰豆子」の存在? (2/2) |url=https://dot.asahi.com/wa/2020020600068.html?page=2 |journal =週刊朝日 |publisher =朝日新聞出版 }}</ref>。
 
=== 舞台のモデル ===
数土直志は電子決済ができない小学生が紙版単行本を買い支え、ヤングアダルト層(13から19歳)女性からは気弱だがいざというときは強さを発揮する善逸やクールだが空気の読めない義勇など多彩なキャラが人気で同世代の男性、より上の男女から幅広い支持を受け<ref name="toyokeizai1" />、『[[キャプテン翼]]』が子供や若い男性だけでなく若い女性からも熱狂的な支持を集め、女児向けだった『[[美少女戦士セーラームーン]]』がヤングアダルト層の男女にも大人気だったように想定した層を越えて子供や大人、男女に関わらず共感されたことでブームが起きたとする<ref name="toyokeizai2" />。
正確な関係性は吾峠や集英社側から明かされていないが、[[福岡県]][[太宰府市]]の[[竈門神社]]が、主人公の竈門炭治郎の姓と同じ、同神社が[[大宰府]]の[[鬼門]]封じとして建立されたこと、同神社の[[竈門神社#宝満山中(上宮・中宮跡)|上宮]]の[[宝満山]]で修行する修験者は[[市松模様]]の装束を着ているのが炭治郎の[[羽織]]の柄と合致する、作者の吾峠が福岡県出身であるなどの共通点が複数あることから「鬼滅の刃」の[[聖地]]ではないかと話題を集めた<ref>{{Cite news |title=人気漫画「鬼滅の刃」の聖地?福岡・竈門神社、ネットで話題に |newspaper=西日本新聞 ふくおか都市圏版 |date=2020-1-29 |url=https://www.nishinippon.co.jp/item/n/579451/ |accessdate=2020-3-7 |publisher=西日本新聞社 }}</ref>。また[[大分県]][[別府市]]の[[八幡竈門神社]]の階段は鬼に作らせた、という伝承が残っている<ref name="asahiohita">{{Cite news |title=漫画「鬼滅の刃」別府に聖地? |newspaper=朝日新聞 朝刊 おおいた版 |date=2020-2-2 |publisher=朝日新聞社 |page=27 }}</ref>。夜明けに九十九段まで作ったところで逃げた、とされる鬼は、作中の鬼が日光を浴びると滅びることと繋がる<ref name="asahiohita" />。炭治郎が繰り出す技で現れる竜と似た絵、周辺を治めていた竈門氏の墓は市内にあり、作中に登場するチョウを思わせる[[アサギマダラ]]は[[姫島 (大分県)|姫島]]から飛来して市内でも見られることや、同市鉄輪の[[別府地獄めぐり|かまど地獄]]の入口の天狗が鱗滝と関連付けられ<ref name="asahiohita" />他にも福岡県[[筑後市]][[溝口竈門神社]]も聖地ではないか話題になってる<ref>{{Cite news |title=人気漫画「鬼滅の刃」と類似点 別府市の八幡竈門神社が聖地に? |newspaper=大分合同新聞 朝刊 |date=2020-2-15 |url=https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/02/15/JD0058967450 |accessdate=2020-3-7 |publisher=大分合同新聞社 |page=11}}</ref>ある
 
小新井涼は魅力的なキャラがアニメの豪華声優陣といった要素もあるがそれが刺さらない層でも家族愛、泥臭い修行や成長、迫力の剣劇やときには無慈悲な命のやり取りのような万人受けする魅力もあり、年齢性別漫画やアニメに興味があるか関係なしに勧めやすく勧められた側も手を出しやすく、興味を持ってくれそうな普遍的な要素をとっかかりとして布教され人気が広まったと考えている<ref>{{Cite news |title=鬼滅の刃:“女性人気”にとどまらない理由は |newspaper=まんたんウェブ |date=2019-12-30 |url=https://mantan-web.jp/article/20191230dog00m200059000c.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=MANTAN }}</ref>。
 
=== 観光 ===
正確な関係性は吾峠や集英社側から明かされていないが、[[福岡県]][[太宰府市]]の[[竈門神社]]が、主人公の竈門炭治郎の姓と同じ、同神社が[[大宰府]]の[[鬼門]]封じとして建立されたこと、同神社の[[竈門神社#宝満山中(上宮・中宮跡)|上宮]]の[[宝満山]]で修行する修験者は[[市松模様]]の装束を着ているのが炭治郎の[[羽織]]の柄と合致する、作者の吾峠が福岡県出身であるなどの共通点が複数あることから「鬼滅の刃」の[[聖地]]ではないかと話題を集めた<ref>{{Cite news |title=人気漫画「鬼滅の刃」の聖地?福岡・竈門神社、ネットで話題に |newspaper=西日本新聞 ふくおか都市圏版 |date=2020-1-29 |url=https://www.nishinippon.co.jp/item/n/579451/ |accessdate=2020-3-7 |publisher=西日本新聞社 }}</ref>。また[[大分県]][[別府市]]の[[八幡竈門神社]]の階段は鬼に作らせた、という伝承が残っている<ref name="asahiohita">{{Cite news |title=漫画「鬼滅の刃」別府に聖地? |newspaper=朝日新聞 朝刊 おおいた版 |date=2020-2-2 |publisher=朝日新聞社 |page=27 }}</ref>。夜明けに九十九段まで作ったところで逃げた、とされる鬼は、作中の鬼が日光を浴びると滅びることと繋がる<ref name="asahiohita" />。炭治郎が繰り出す技で現れる竜と似た絵、周辺を治めていた竈門氏の墓は市内にあり、作中に登場するチョウを思わせる[[アサギマダラ]]は[[姫島 (大分県)|姫島]]から飛来して市内でも見られることや、同市鉄輪の[[別府地獄めぐり|かまど地獄]]の入口の天狗が鱗滝と関連付けられ<ref name="asahiohita" />、他にも福岡県[[筑後市]]の[[溝口竈門神社]]も聖地ではないかと話題になっている<ref>{{Cite news |title=人気漫画「鬼滅の刃」と類似点 別府市の八幡竈門神社が聖地に? |newspaper=大分合同新聞 朝刊 |date=2020-2-15 |url=https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/02/15/JD0058967450 |accessdate=2020-3-7 |publisher=大分合同新聞社 |page=11}}</ref>。
 
[[奈良市]]にある[[柳生宗厳]]が修行によって岩を一刀で縦に真っ二つに割ったとされる伝説のある[[天石立神社|一刀石]]は作中のシーンを再現できるとしてコスプレイヤーが写真撮影に訪れるようになった<ref>{{Cite news |title=「鬼滅の刃」の名シーン再現 奈良・柳生に熱視線 |newspaper=産経新聞 |date=2020-2-24 |url=https://www.sankei.com/premium/news/200224/prm2002240004-n1.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=産業経済新聞社 }}</ref>。[[愛知県]][[犬山市]]の[[博物館明治村]]にはレトロな街並みのテーマパークであることからコスプレして来場する客が増えた<ref>{{Cite news |title=まさかの需要が…『鬼滅の刃』ブームで老舗の“畳店”に脚光 フィギュアの台座としネット注文殺到中 |newspaper=ニュースOne |date=2020-2-15 |url=https://www.tokai-tv.com/newsone/corner/20200216-kimetsutatami.html |accessdate=2020-3-7 |publisher=東海テレビ }}</ref>。
 
=== 鬼殺の剣 ===