「蔡京」の版間の差分

m
Bot作業依頼: 水滸伝の登場人物の各記事の改名に伴うリンク修正依頼 (高俅) - log
(リンクの転送回避)
m (Bot作業依頼: 水滸伝の登場人物の各記事の改名に伴うリンク修正依頼 (高俅) - log)
 
 
== 異説 ==
近年になって藤本猛は、蔡京と徽宗の関係は必ずしも上手くはいっていなかったとする指摘をしている。例えば、[[1106年]]に彗星の発生を口実に蔡京を罷免しているが、実は前年に遼が宋と西夏の間で続く国境紛争の仲裁に乗り出したとき、徽宗は遼の提案を受け入れる意向で[[林攄]]を正使・[[高キュウ|高{{Lang|zh|}}]]を副使として遼へ派遣したが、その際に蔡京が秘かに林攄に対して遼を挑発して戦争を引き起こすように指示したことを知った徽宗が、和平派に人事を変えるために罷免したのだとされる(ただし、西夏との和平成立から程なく蔡京は復権している)<ref>藤本猛「崇寧五年正月の政変」(初出:『史林』92巻6号(史学研究会、2009年)/所収:藤本『風流天子と「君主独裁制」-北宋徽宗朝政治史の研究』(京都大学学術出版会、2014年) ISBN 978-4-87698-474-9</ref>。
 
また、1109年にも蔡京は宰相を辞任して2年後に復帰しているが、この背景も蔡京の強力な権力を疎ましく思い自ら政治的主導権を握りたいという思いと、蔡京個人に対するシンパシーの間で揺れ動く徽宗の心理があったとされる(蔡京の復帰には開封に残った息子や支持者の巻き返し工作もあったが)。さらに[[1113年]]には、儒教の経書に基づいた古代の礼楽の復興を意図した徽宗が主導して、[[鄭居中]]らによって編纂された儀礼書『[[政和五礼新儀]]』が完成するが、この書の計画が具体化されたのが蔡京失脚中の1109年であったため、その具体化を巡って両者の間に溝が生じた。蔡京は不安定な世情を受けて徽宗のために[[封禅]]を行おうとするが、封禅は[[秦]][[漢]]に作られた経書に基づかない儀式であると考える徽宗が不満を示し、[[劉正夫]]の建言によって徽宗は封禅の中止を命じた。これに不満を抱いた蔡京は、[[1116年]]に[[上表]]を提出して太師を辞任しようとしたが、徽宗は蔡京を慰留して高齢であることを理由に、3日に1度出仕して三省(中書・門下・尚書)全てを統括して、好きな時に政務をこなしたり帰宅したりして良いとする詔書を下した(『宋史記事本末』政和6年4月庚寅条)。だが、現実には徽宗は反蔡京派の鄭居中・劉正夫(ともに元々は蔡京側近で対遼外交問題で失脚した蔡京復権に主導的役割を果たしたが、後に些細なことで自身や親族が蔡京によって処罰されたために離反していた)を宰相に起用した上、日々の徽宗の動きを蔡京が把握する事は不可能になった。その結果、蔡京は名誉職に祀り上げられる形で徐々に実質的権力を失っていった<ref>藤本猛「北宋末、封禅計画の中止―大観・政和の徽宗と蔡京」(初出:『奈良史学』31号(奈良大学史学会、2014年)/改題・所収:「政和封禅計画の中止」藤本『風流天子と「君主独裁制」-北宋徽宗朝政治史の研究』(京都大学学術出版会、2014年) ISBN 978-4-87698-474-9</ref>。
197,659

回編集