「藤堂高次」の版間の差分

 
[[慶長]]6年([[1602年]])、当時[[伊予国|伊予]][[今治藩]]主であった[[藤堂高虎]]の嫡男として誕生した。
 
高虎にはなかなか実子ができなかったため、[[丹羽長秀]]の子を養嗣子・[[藤堂高吉|高吉]]として迎えていた。高虎が46歳のとき、ようやく実子である高次が生まれ、[[寛永]]7年([[1630年]])、高虎が病死すると高次がその跡を継ぐこととなった。なお、高吉は寛永9年([[1632年]])に今治から伊勢に転封されたが、寛永13年([[1636年]])に高次の命令で[[伊賀国|伊賀]][[名張市|名張]]へ転封、[[名張藤堂家]]を興した。高次は自分の地位を脅かす存在として高吉を危険視し、[[享保]]年間まで名張藤堂家と本家との対立は続くこととなった。
 
寛永9年([[1632年]])の[[江戸城]]二の丸、寛永16年([[1639年]])の江戸城本丸消失後の復興、慶安5年([[1652年]])の[[日光市|日光]]の大猷院霊廟([[徳川家光]]の霊廟)などの数多くの石垣普請を行った。ところが津藩はこれらの[[石垣]]普請の負担により財政が極度に悪化し、高次は[[年貢]]増収による[[財政再建]]を図って[[新田開発]]を積極的に奨励するなどの改革に努めた。しかしなおも[[江戸幕府]]の[[天下普請|普請]]費用を積極的に負担したため、財政はさらに悪化の一途をたどっていった。