「アメリカ合衆国空軍省」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{Flagicon image|Logo of the United States Space Force.jpg}} [[アメリカ宇宙軍 (軍種)|アメリカ宇宙軍]]
|headquarters = {{USA}}[[バージニア州]][[アーリントン郡]][[ペンタゴン]]
|employees = 33万159人(空軍兵)<br/>11551,130360人(文民)<br/>6万8,872人(予備役)<br/>9万4,753人(空軍州兵)
|budget = 1170,706億239,441.000ドル<br>(2010 Budget RequestFY2018)
|image =
|chief1_name = [[w:Barbara Barrett|バーバラ・バレット]] ([[アメリカ合衆国空軍長官|空軍長官]])
|website = [http://www.af.mil www.af.mil]
}}
'''空軍省'''(くうぐんしょう、{{lang-en|Department of the Air Force}}, '''DAF''')は、[[アメリカ国防総省]]を構成する三省の一つ。文官である[[アメリカ合衆国空軍長官|空軍長官]]を長とし、[[アメリカ空軍]]及び[[アメリカ宇宙軍 (軍種)|アメリカ宇宙軍]]の管理(作戦指揮等は除く)に責任を有する。空軍長官の下には、副官として空軍次官と宇宙軍次官が置かれている。
 
空軍省は、[[国家安全保障法|1947年国家安全保障法]]に基づいて、1947年9月18日に空軍を管轄する省として設置された。空軍長官は文民であり、[[アメリカ合衆国国防長官|国防長官]]の指揮下にある。
 
空軍省の最高位全て軍人業務を行う権限[[アメリカ空軍参謀総合衆国国防|空軍参謀総国防]]の権限、指揮及び管理の下にある[[アメリカ宇宙合衆国空作戦部|宇宙作戦部]]ある。いずれも空軍長官の上級下に空次官が置かれている。空軍長官官房には4人の次官補と1人の法律顧問であが置かれており、[[アメリカ統合参謀本部]]において、次官補はそれぞれ空軍と宇宙軍「買収」、「財務管理及び会計」、「設備」、「環境及び物流」、「人事及び予備役」代表す担当している。
 
空軍省の最高位の軍人は[[アメリカ空軍参謀総長|空軍参謀総長]]と[[アメリカ宇宙軍作戦部長|宇宙軍作戦部長]]である。いずれも空軍長官の上級軍事顧問であり、[[アメリカ統合参謀本部|統合参謀本部]]において、それぞれ空軍と宇宙軍を代表する。
 
[[アメリカ合衆国空軍長官|空軍長官]]は、[[アメリカ合衆国国防長官|国防長官]]の指示により、空軍や宇宙軍の部隊の配置や任務を決定する。空軍長官は、特別の指示がない限り、アメリカ合衆国法典第10章第8013条に列挙されている部隊の部隊間の指揮官や戦闘員の配置に関する権限のみを有し、それ以外の部隊の部隊間の指揮官や戦闘員の配置に関する権限は、[[アメリカ合衆国大統領|大統領]]および[[アメリカ合衆国国防長官|国防長官]]が持っている。
 
== 宇宙軍 ==
2019年3月1日、[[アメリカ国防総省]]は、空軍省内に新たに[[アメリカ宇宙軍 (軍種)|国防長官]]を空軍から独立した軍種として設置することを提案した。この提案の中には宇宙軍次官の新設と宇宙軍に明確な予算を分配することも含まれていた。その後、2019年12月20日に[[アメリカ宇宙軍 (軍種)|国防長官]]が設立された。
 
== 外部リンク ==