「栄養繁殖」の版間の差分

(修正)
前記の栄養繁殖器官を種苗として用いるほかにも、[[挿し木]](葉挿しを含む)、[[取り木]]、[[茎伏せ]]、[[株分け]]などの手法がある。また、[[1980年]]代から、[[組織培養]]によって作成された[[クローン]]苗も一部では利用されている。
 
[[接ぎ木]]は人為的に[[キメラ]]植物を作る技術であるが、[[果樹]]など[[種子]]での増殖が難しい[[木本]]植物の増殖にも用いられる。このような木本植物の[[接ぎ木]]は、一種の人為的な栄養繁殖と捉えることができる。
 
 
== 種苗管理上の問題 ==
156

回編集