「溝尻房蔵」の版間の差分

m
全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション
(Cite journal)
m (全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション)
 
|補足=
}}
'''溝尻 房蔵'''(みぞじり ふさぞう、[[1883年]](明治16年)9月1日 - [[1969年]](昭和44年)8月18日)は、[[京都府]][[竹野郡 (京都府)|竹野郡]][[浜詰村]][[磯 (京丹後市)|磯]](現在の[[京都府]][[京丹後市]][[網野町]])出身の光学研究者。世界初とされる[[太陽炉]]を発明した<ref name="網野町人物誌87p”87p"/>。溝尻光学工業所の創業者<ref name="沿革"/>。
 
== 生涯 ==
=== 磯村に育つ ===
[[File:磯 静神社展望台から.jpg|thumb|溝尻房蔵の生まれ育った磯地区]]
溝尻房蔵は、1883年(明治16年)9月1日、船大工の溝尻満吉の三男として、[[京都府]][[竹野郡 (京都府)|竹野郡]][[浜詰村]][[磯 (京丹後市)|磯]](現在の京丹後市網野町磯)に生まれた<ref name="網野町人物誌84p”84p">{{Cite book|和書|author= |title=網野町人物誌第一集 |publisher=網野町郷土文化保存会 |date=1973 |page=84 |isbn=}}</ref>。父は溝尻が幼いころに早世し、母は病弱であったため十分に働くことができず、暮らしぶりは極めて貧しく、溝尻の妹は乳離れしたばかりで養女に出されたという<ref name="網野町人物誌84p”84p"/>。溝尻は家を手伝いながら小学校を卒業した。
 
困窮する家庭事情から、溝尻が高等教育を受けることは不可能と思われたが、当時の[[磯 (京丹後市)#磯小学校|磯小学校]]で学務委員をしていた井元勇次郎はその才を惜しみ、磯区の集会にはかって、学校貸付金制度を設立<ref name="網野町人物誌84p”84p"/>。学校改築費に相当する奨学金制度を設け、その返済を出世払いとして、溝尻に30円を支給した<ref name="網野町人物誌84p”84p"/>。これにより、溝尻は[[京都府立海洋高等学校|京都府立宮津水産講習所]]の一期生として進学することができ、1901年(明治34年)に18歳で製造科を卒業した<ref name="網野町人物誌85p”85p">{{Cite book|和書|author= |title=網野町人物誌第一集 |publisher=網野町郷土文化保存会 |date=1973 |page=85 |isbn=}}</ref>。卒業に際し、臨時の京都府知事であった[[大森鐘一]]より賞状と記念品を授与される優等な成績を収めたという<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。
 
その後は東京[[築地]]の水産缶詰機械製造所に住み込み、家事手伝いをしながら、[[東京理科大学|東京物理学校]]の夜間部に通った<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。その後、[[農商務省]]水産課に務める<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。働きながらの学びは、1904年(明治37年)6月、母重病の知らせにより中断することとなる<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。溝尻は帰郷して、母の看病に専念し、一時は病状が回復するも、翌1905年(明治37年)8月、母は帰らぬ人となった<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。
 
=== 研究者への道 ===
母の没後、溝尻は約1年間郷里に留まり、宮津水産講習所で[[兵站]]品の缶詰製造の仕事に就いた<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。そんな折、プレス器でできた缶の内側が反射する太陽光に着目した溝尻は、1907年(明治40年)に24歳でふたたび上京すると、東京物理学校に復学、農商務省にも復職して、これを研究テーマとした<ref name="網野町人物誌85p”85p"/>。
 
1909年(明治42年)に東京物理学校師範化科を卒業<ref name="網野町人物誌86p”86p">{{Cite book|和書|author= |title=網野町人物誌第一集 |publisher=網野町郷土文化保存会 |date=1973 |page=86 |isbn=}}</ref>。1911年(明治44年)に舞鶴海軍造兵部の電気工場で働くなかで、反射鏡に関する研究に没頭し、1916年(大正5年)5月、当時世界一の反射鏡と謳われた[[サーチライト]]の発明により、海軍大臣の表彰や叙勲、[[昭和天皇]]の視察を受けるに至る<ref name="網野町人物誌86p”86p"/>。この年、溝尻は[[キリスト教]]に入信した<ref name="網野町人物誌86p”86p"/>。
 
[[1919年]](大正8年)、海軍を退官すると、[[日本光機工業|日本光機工業株式会社]]に入社し、技師、第三工場長を務めながら、海軍の委託した[[ガラス]]の研究に没頭する<ref name="網野町人物誌87p”87p">{{Cite book|和書|author= |title=網野町人物誌第一集 |publisher=網野町郷土文化保存会 |date=1973 |page=87 |isbn=}}</ref>。1923年(大正12年)には自宅を新築してガラス屋根の温室のような実験室を作り、[[1925年]](大正14年)5月にはついに会社を辞め、溝尻光学工業所を創業した<ref name="網野町人物誌87p”87p"/><ref name="沿革"/>。
 
[[1927年]](昭和2年)、[[後藤新平]]の後押しを受けて、自ら「フレキシブルミラー」と名付けた可撓牲[[反射鏡]]による太陽熱の集熱装置を試作し<ref>{{Cite journal|和書|author=溝尻房藏 |title=太陽熱に就て |url=https://doi.org/10.2150/jieij1917.11.3_134 |journal=照明学会雑誌 |publisher=照明学会 |year=1927 |volume=11 |issue=3 |pages=134-147 |naid=130003756307 |doi=10.2150/jieij1917.11.3_134 |issn=0019-2341|accessdate=2020-09-14}}</ref>、東京や京都の博覧会場に出展する。これが、世界初の太陽炉であった<ref name="網野町人物誌87p”87p"/>。
 
[[1932年]](昭和17年)に59歳で会社経営を後継者に託した後も、溝尻は社の相談役となり研究を続けたが、1945年(昭和20年)5月に会社自宅ともに空襲を受け、研究設備の一切を失った<ref name="網野町人物誌87p”87p"/>。9月には郷里である[[浜詰村]]に疎開し、海岸の[[京都府立鴨沂高等学校|京都府立第一高等女学校]]の臨海学舎の一部を借りて居住した<ref name="網野町人物誌87p”87p"/>。
 
=== 研究者として ===
[[1947年]](昭和22年)5月、再び上京した溝尻は、[[東京大学]]の構内に溝尻研究所を設立する<ref name="沿革">{{Cite web |url=http://www.mizojiri-opt.co.jp/company/history/ |title=溝尻光学工業所沿革 |publisher =溝尻光学工業所 |accessdate=2020-02-20}}</ref>。翌1948年(昭和23年)には文部省の補助金を受けてフレキシブルミラーを応用した太陽熱補足装置の研究を再開し、[[1953年]](昭和28年)、サーチライトの開発に関する功績で海上保安庁から表彰を受けた<ref name="網野町人物誌88p”88p"/>。
 
[[1955年]](昭和30年)10月、72歳の折に、アメリカから招聘を受け、第一回太陽エネルギー世界会議に出席。滞米中に信仰を通じてアメリカ人と親交を深め、[[ロサンゼルス]]の教会で「神の国と太陽エネルギー」と題する講演をおこなった<ref name="網野町人物誌88p”88p"/>。研究への意欲は晩年も衰えることなく、フレキシブルミラーを応用したテレビアンテナの改良などのテーマで、たびたび通産省などの関係機関と連絡をとりあっていたという<ref name="網野町人物誌88p”88p"/>。
 
溝尻は[[1969年]](昭和44年)8月18日、東京の自宅において、88歳で世を去った<ref name="網野町人物誌88p”88p">{{Cite book|和書|author= |title=網野町人物誌第一集 |publisher=網野町郷土文化保存会 |date=1973 |page=88 |isbn=}}</ref>。
 
== 人物 ==
 
== 参考文献 ==
* 『磯小学校のあゆみ 廃校記念誌』磯小学校廃校記念誌編集委員会、1982年
* 『網野町人物誌 第一集』網野町郷土文化保存会、1973年
 
== 外部リンク ==