「アメリカン・ウェイ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
'''アメリカン・ウェイ(American way)、'''または'''American way of life'''とは、 [[生命]]、[[自由]]、[[幸福追求権|幸福の追求]]の原則に基づく[[アメリカ合衆国]]の[[ナショナリズム|ナショナリスト精神]]。 アメリカンウェイの中心にあるのは[[アメリカン・ドリーム|アメリカンドリーム]]であり、[[アメリカ例外主義|アメリカ]]特有の文化に対する信念である[[アメリカ例外主義|アメリカの例外主義]]と絡み合っている。
[[ファイル:American_way_of_life.jpg|サムネイル| [[1937年 ]]の米国[[ケンタッキー州|ケンタッキー]] 。 [[マーガレット・バーク=ホワイト|マーガレットバークホワイト]] 。「世界最高の生活水準」 <ref>[http://www.mfa.org/collections/object/the-american-way-of-life-172490 ''The American Way of Life'']. Museum of Fine Arts, Boston. Photograph, gelatin silver print n. 1973.195</ref> ]]
 
著者のウィリアム・ヘルバーグは以下のように定義する: <ref>Herberg (1955), p. 79</ref>
{{quote|The American Way of life is individualistic, dynamic, and pragmatic. It affirms the supreme value and dignity of the individual; it stresses incessant activity on his part, for he is never to rest but is always to be striving to "get ahead"; it defines an ethic of self-reliance, merit, and character, and judges by achievement: "deeds, not creeds" are what count. The "American Way of Life" is humanitarian, "forward-looking", optimistic. Americans are easily the most generous and philanthropic people in the world, in terms of their ready and unstinting response to suffering anywhere on the globe. The American believes in progress, in self-improvement, and quite fanatically in education. But above all, the American is idealistic. Americans cannot go on making money or achieving worldly success simply on its own merits; such "materialistic" things must, in the American mind, be justified in "higher" terms, in terms of "service" or "stewardship" or "general welfare"... And because they are so idealistic, Americans tend to be moralistic; they are inclined to see all issues as plain and simple, black and white, issues of morality.|William Herberg|''Protestant, Catholic, Jew: an Essay in American religious sociology''}}
 
{{see|individualism|dignity|humanitarianism|philanthropism|self-improvement|economic materialism|general welfare|moralism|black and white thinking}}
[[ファイル:American_way_of_life.jpg|サムネイル| 1937年 [[ケンタッキー州|ケンタッキー]] 。 [[マーガレット・バーク=ホワイト|マーガレットバークホワイト]] 。「世界最高の生活水準」 <ref>[http://www.mfa.org/collections/object/the-american-way-of-life-172490 ''The American Way of Life'']. Museum of Fine Arts, Boston. Photograph, gelatin silver print n. 1973.195</ref> ]]
ある評論家は、「ヘルベルグの声明の前半は、それを最初に策定してから半世紀近くもまだ当てはまる」と述べている。」 <ref>{{Cite book|title=Flannery O'Connor and the Christ-haunted South|first=Ralph C|last=Wood|publisher=Wm. B. Eerdmans Publishing|year=2004|page=21}}</ref>
 
National Archives and Records Administrationの1999年次報告書で、National ArchivistのJohn W. Carlinは次のように書いています。独裁者への尊敬の念。 それらは紙片、自由憲章-私たちの独立を主張した宣言、私たちの政府を創設した憲法、および私たちの自由を確立した権利章典に基づいています。 <ref>{{Cite web|url=https://www.archives.gov/about/plans-reports/performance-accountability/annual/1999/1999-annual-report.html|title=The National Archives and Records Administration Annual Report 1999|publisher=U.S. National Archives and Records Administration}}</ref>
 
== 関連項目 ==