「特別指定選手」の版間の差分

m
編集の要約なし
 
m
'''特別指定選手'''(とくべつしていせんしゅ)は、[[Jリーグ]]と[[日本サッカー協会]]が高校・大学生の優秀な人材のサッカーの技術向上を目指して実施されている制度である。
 
このシステムは1999年から始め、当初は高校生のみが対象だった。それを2003年からは特別指定選手と名称を改めて大学生も門戸を開放した。現在所属している学校のチームに登録しながら、Jリーグや[[JFL (サッカー)|JFL]]のチーム練習・公式戦などにも出場することができるのが最大の特徴とされている。期間は以前は4ヶ月単位だったが、2004年から1ヶ月単位となった。
 
このシステムを行使して矢野隼人(当時・帝京高校)が[[東京ヴェルディ1969|ヴェルディー川崎(現・東京ヴェルディー1969)]]で試合出場した例がある。
37,426

回編集