「麗泉里」の版間の差分

出典を最新のものに更新、出典追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(出典を最新のものに更新、出典追加)
'''麗 泉里'''(うらら せんり、[[1月12日]]<ref name="otome">『宝塚おとめ 20172020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、20172020年、6257頁。ISBN 978-4-86649-004125-5。7</ref> - )は、[[宝塚歌劇団]][[月組 (宝塚歌劇)|月組]]に所属する娘役。
 
[[長野県]][[東御市]]<ref name="otome" /><ref name="sky"/>、[[東御市立東部中学校|市立東部中学校]]出身<ref name="otome" />。身長162cm<ref name="otome" />。血液型A型<ref name="takarazuka-6">『ザ・タカラヅカⅥ 月組特集』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、70頁。ISBN 978-4-908135-41-5</ref>。愛称は「せんり」<ref name="otome" /><ref name="sky"/>。
 
== 来歴 ==
2010年、[[宝塚音楽学校]]入学。
 
2012年、宝塚歌劇団に[[宝塚歌劇団98期生|98期生]]として入団<ref name="sky"/>。入団時の成績は20番。[[宙組 (宝塚歌劇)|宙組]]公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台<ref name="sky"/>
 
2013年、組まわりを経て月組に配属。
 
2019年7月より、[[TAKARAZUKA_SKY_STAGE#スカイ・ナビゲーターズ|TAKARAZUKA SKY STAGE]]の第5期スカイ・ナビゲーターズを務める<ref name="sky">[https://www.tca-pictures.net/skystage/navigator/index05.html スカイ・ナビゲーターズ]タカラヅカ・スカイ・ステージ</ref>。
 
== 主な舞台 ==
=== 初舞台 ===
*2012年4月~5〜5月、[[宙組 (宝塚歌劇)|宙組]]『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry-Max-Cry-Max-』([[宝塚大劇場]])
 
=== 組まわり ===
*2012年6月~7〜7月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry‐Max--Cry-Max-』([[東京宝塚劇場]])
*2012年10月~12〜12月、[[雪組 (宝塚歌劇)|雪組]]『[[JIN-仁- (宝塚歌劇)#主な配役|JIN-JIN--]]/GOLD』『GOLD SPARK!-SPARK!-この一瞬を永遠に-
 
=== 月組時代 ===
*2013年5月、『[[ミー・アンド・マイガール (宝塚歌劇)#主な配役|ME AND MY GIRL]]』([[梅田芸術劇場]])
*2013年7月~10〜10月、『[[アルセーヌ・ルパン#舞台作品|ルパン-ARSÈNE-ARSÈNE LUPIN-LUPIN-]]/Fantastic』『Fantastic Energy!Energy!
*2013年11月~12〜12月、『JIN-[[JIN--/Fantastic- Energy!(宝塚歌劇)#主な配役|JIN-仁-]]』 - お夏『Fantastic Energy!』(全国ツアー)お夏
*2014年1月、『[[風と共に去りぬ _(宝塚歌劇)#配役一覧|風と共に去りぬ]]』(梅田芸術劇場)
*2014年3月~6〜6月、『宝塚をどり』『[[明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-#主な配役|明日への指針-センチュリー号の航海日誌-]]』 - 新人公演:少年ジェイク(本役:[[晴音アキ]])『TAKARAZUKA 花詩集100!!』 - 新人公演:第18場/少女(本役:[[叶羽時]])
*2014年7月~8〜8月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA-』 - 少年ジェイク『TAKARAZUKA 花詩集100!!』([[博多座]])少年ジェイク
*2014年9月~12〜12月、『[[PUCK#主な配役|PUCK(パック)]]/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶- - 新人公演:クモの糸(本役:[[白雪さち花]])『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
*2015年2月~3〜3月、『風と共に去りぬ』([[中日劇場]])
*2015年4月~7〜7月、『[[1789 -バスティーユの恋人たち- (宝塚歌劇)#主な配役と役柄|1789-1789-バスティーユの恋人たち-]]』 - 新人公演:[[リュシル・デュプレシ|リュシル]](本役:[[琴音和葉]])
*2015年9月、『DRAGON NIGHT!!』(シアタードラマシティ・[[文京シビックホール]])
*2015年11月~2016〜2016年2月、『[[マノン・レスコー#舞台化・映像化作品など|舞音-MANON--MANON-]]/GOLDEN JAZZ - 新人公演:マノンの影(本役:叶羽時)、水の精霊『GOLDEN JAZZ』
*2016年3月~4〜4月、[[龍真咲]]コンサート『Voice』([[TBS赤坂ACTシアター|赤坂ACTシアター]]・シアタードラマシティ)SENRI) - SENRI
*2016年6月~9〜9月、『[[NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-|NOBUNAGA<信長>-下天の夢-]]/Forever』 - LOVE!!』さつき、新人公演:小宰相局(本役:[[萌花ゆりあ]])『Forever LOVE!!』
*2016年10月、『FALSTAFF~FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ』([[バウホール]]) - 酒場の女、仮面の女
*2016年10~1110〜11月、『Bow Singing Workshop~Workshop〜』(バウホール)
*2017年1月~3〜3月、『[[グランドホテル (宝塚歌劇)#主な配役|グランドホテル]]/カルーセル輪舞曲(ロンド) - 電話交換手、新人公演:メイド『カルーセル輪舞曲(ロンド)』 '''初エトワール'''
*2017年5月、『[[宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#長崎しぐれ坂|長崎しぐれ坂]]』 - 桃羽『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)桃羽 '''エトワール'''
*2017年7月~10〜10月、『All for One~One〜ダルタニアンと太陽王 - [[アンヌ・マリー・マルティノッジ|アンヌ・マリー]]、新人公演:[[アンヌ・ドートリッシュ|アンヌ]](本役:[[憧花ゆりの]])
*2017年11月~12〜12月、『[[鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-#主な配役|鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-]]/CRYSTAL TAKARAZUKA-- アデルマ『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)アデルマ
*2018年2月-5月[[宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY-悪党は月からやっ|カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そし来る-仲間たち(カンパニー)-]] - 女子高生、新人公演:田中乃亜(本役:憧花ゆりの)『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
*2018年6〜7月、『[[雨に唄えば#舞台|雨に唄えば]]』(TBS赤坂ACTシアター) - 緑のドレスの女白のドレスの女
*2018年8月~11〜11月、『[[エリザベート -愛と死の輪舞-#主な配役|エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-]]』 - 女官、新人公演:[[ゾフィー (オーストリア大公妃)|皇太后ゾフィー]](本役:憧花ゆりの)
*2019年1月、『[[宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#ON THE TOWN (オン・ザ・タウン)|ON THE TOWNTOWN(オン・ザ・タウン)]]』([[東京国際フォーラム]] - ドローレス・ドローレス
*2019年3〜6月、『[[宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#夢現無双|夢現無双]]』 - お通(少女)『クルンテープ 天使の都』
*2019年7〜8月、『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』(梅田芸術劇場) - ダイアナ・ドリーム
*2019年10〜12月、『[[宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#I_AM_FROM_AUSTRIA-故郷_(ふるさと)_は甘き調_(しら)_べ-|I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-]]』 - ハンネ
*2020年2月、『出島小宇宙戦争』(シアタードラマシティ・[[東京建物 Brillia HALL]]) - サツキ
*2020年9〜2021年1月、『WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』 - ジジ
 
== 脚注 ==
匿名利用者