「岐阜県第1区」の版間の差分

2005年の[[第44回衆議院議員総選挙]]では、野田が[[郵政民営化法|郵政民営化法案]]に反対票を投じたことから自民党の公認を得られず、自民党が新たに公認した[[落下傘候補]](選挙当時は「[[小泉劇場#刺客|女性刺客]]」とも呼ばれた)の[[佐藤ゆかり]]との激しい戦いとなり、マドンナ対決と[[マスメディア]]に大々的に[[報道]]され、大物[[政治家]]らが応援に来るなど全国的な注目区となった。選挙は野田が制し5選。[[小選挙区制|小選挙区]]で負けた佐藤は、[[重複立候補制度|重複立候補]]していた[[比例東海ブロック]]では名簿登載順位が1位と優遇されていたこともあり、[[重複立候補制度#復活当選|復活当選]]した。なお、民主党は浅野に代えて[[柴橋正直]]を擁立したが、マドンナ対決(保守分裂選挙)に埋没した。
 
選挙当時はこの選挙では、自民党岐阜県連が党本部公認の佐藤を応援せずに対立候補の野田を支援したため、選挙後処分が行われた('''「[[佐藤ゆかり#岐阜1区騒動|岐阜1区騒動]]」''')。その後、野田が自民党に復党し、佐藤とともにどちらが自民党の公認を得るかが焦点となったが、野田の公認が決定、佐藤は2008年2月に[[東京都第5区|東京5区]]に転出することが決定した。しかし、佐藤が転出した後、岐阜市所管の市立高校の学校法人への移管計画問題をきっかけに岐阜市議会の自民党会派は分裂し、野田派11人と佐藤派13人の市議達の対立が起こった<ref>[http://chubu.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyo090416_2.htm 岐阜市会最大会派 「自民」が分裂 (読売新聞)]</ref>。8月に行われた野田の事務所開きでも佐藤派の県議市議達は欠席しており<ref>[http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090803/200908030843_8477.shtml 郵政選挙の「しこり」根深く 岐阜1区の自民 (岐阜新聞)]</ref>、ここでも岐阜1区分裂騒動でのしこりが未だに残っていることを露呈した。(詳細は[[岐阜市立岐阜商業高等学校#学校法人立命館への移管問題|立命館高校誘致(市岐阜商廃止)問題]]を参照のこと)
選挙当時はこの選挙では、自民党岐阜県連が党本部公認の佐藤を応援せずに対立候補の野田を支援したため、選挙後処分が行われた('''「[[佐藤ゆかり#岐阜1区騒動|岐阜1区騒動]]」''')。
その後、野田が自民党に復党し、佐藤とともにどちらが自民党の公認を得るかが焦点となったが、野田の公認が決定、佐藤は2008年2月に[[東京都第5区|東京5区]]に転出することが決定した。しかし、佐藤が転出した後、岐阜市所管の市立高校の学校法人への移管計画問題をきっかけに岐阜市議会の自民党会派は分裂し、野田派11人と佐藤派13人の市議達の対立が起こった<ref>[http://chubu.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyo090416_2.htm 岐阜市会最大会派 「自民」が分裂 (読売新聞)]</ref>。8月に行われた野田の事務所開きでも佐藤派の県議市議達は欠席しており<ref>[http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090803/200908030843_8477.shtml 郵政選挙の「しこり」根深く 岐阜1区の自民 (岐阜新聞)]</ref>、ここでも岐阜1区分裂騒動でのしこりが未だに残っていることを露呈した。(詳細は[[岐阜市立岐阜商業高等学校#学校法人立命館への移管問題|立命館高校誘致(市岐阜商廃止)問題]]を参照のこと)
 
[[2009年]][[7月21日]]に[[衆議院解散]]後、[[第45回衆議院議員総選挙]]では自民党への不信感から岐阜市自民党の白山支部が柴橋の支援に動き<ref>[http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090722_2.htm 岐阜1区 自民分裂 一部が民主支援 (読売新聞)]</ref>、解散していた佐藤の後援会連合会の元役員20人も柴橋支援を決定した。さらに[[笠原潤一]](元参議院議員)の次女[[笠原多見子|多見子]](当時岐阜県議会議員)も、自民党と野田への不信から離党届を提出し、県議を辞職<ref>[http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090815/200908151505_8589.shtml 笠原県議が離党届、民主支持 自民「影響ない」 (岐阜新聞)]</ref>、柴橋の支援を表明した。
!選挙名!!年!!当選者!!党派
|-
|[[第41回衆議院議員総選挙]]||[[1996年]]([[平成]]8年)|| rowspan="4" |[[野田聖子]]|| rowspan="3" |[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]
|-
|[[第42回衆議院議員総選挙]]||[[2000年]](平成12年)||野田聖子||自由民主党
|-
|[[第43回衆議院議員総選挙]]||[[2003年]](平成15年)||野田聖子||自由民主党
|-
|[[第44回衆議院議員総選挙]]||[[2005年]](平成17年)||野田聖子||[[無所属]]
|-
|[[第45回衆議院議員総選挙]]||[[2009年]](平成21年)||[[柴橋正直]]||[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]
|-
|[[第46回衆議院議員総選挙]]||[[2012年]](平成24年)|| rowspan="3" |野田聖子|| rowspan="3" |自由民主党
|-
|[[第47回衆議院議員総選挙]]||[[2014年]](平成26年)||野田聖子||自由民主党
|-
|[[第48回衆議院議員総選挙]]||[[2017年]](平成29年)||野田聖子||自由民主党
|}