「多形紅斑」の版間の差分

m
(→‎原因: infobox内を翻訳)
'''多形紅斑'''([[英語|英]]:'''Erythema multiforme''', '''EM''')または'''多形滲出性紅斑'''([[英語|英]]:'''Erythema exsudativum multiforme''', '''EEM''')は感染症や薬剤等を切っ掛けとして発症する皮膚の[[紅斑]]である。[[皮膚]]および[[口腔粘膜]]の表在性毛細血管に{{仮リンク|免疫複合体|en|Immune complex|label=}}(主として[[免疫グロブリンM|IgM]]との複合体)が沈着する事で発症している可能性がある。発生は稀であり、好発年齢は20代から30代である。特徴的な標的状病変または虹彩状外観を呈するが、本症には様々な形態・症状があり、故に「多形」と呼ばれる。軽症から中等症のEM minorと、重症のEM majorに区分される。
 
== 徴候と症状 ==
 
症状は、軽度なものでは自然治癒する皮疹({{仮リンク|多形紅斑軽症型|en|erythema multiforme minor|label=}})<ref>{{DorlandsDict|three/000036713|erythema multiforme}}</ref>から、重度なものでは発熱を伴い粘膜病変を有し生命を脅かす状態({{仮リンク|多形紅斑重症型|en|erythema multiforme major|label=}})<ref name=":1">{{Cite book|title=あたらしい皮膚科学 第3版|date=2018年1月|year=2018年|publisher=中山書店|last=清水|first=宏}}</ref>{{Rp|139}}まで広範囲である。