「甲」の版間の差分

12 バイト追加 、 3 か月前
編集の要約なし
m (ISLAM1030 (会話) による版を T*2Rk=3Aby による版へ巻き戻し)
タグ: 巻き戻し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
{{Otheruseslist|'''十干の一つ'''|その他|甲 (曖昧さ回避)}}
{{十干十二支}}
'''甲'''(こう、きのえ)は、[[十干]]の1番目である。[[陰陽五行説]]では[[木]]性の陽に割り当てられており、ここから日本では「きのえ」(木の兄)ともいう
 
[[陰陽五行説]]では[[木]]性の陽に割り当てられており、ここから日本では「きのえ」(木の兄)ともいう。
==概要==
甲の字は[[カメ|亀]]の甲羅を形取ったもので、そこから、甲羅のような堅い殻に覆われた[[種子|種]]の状態の意味として、十干の一番目に宛てられた。