「アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン」の版間の差分

→‎生涯: 英語版から転記
タグ: 2017年版ソースエディター
(→‎生涯: 英語版から転記)
1817年、[[摂政皇太子|摂政王太子]]ジョージ([[ジョージ4世 (イギリス王)|ジョージ4世]])の長女[[シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ|シャーロット]](後に初代[[ベルギー]]国王となる[[レオポルド1世 (ベルギー王)|レオポルド]]公子と結婚していた)が早世すると、国王[[ジョージ3世 (イギリス王)|ジョージ3世]]の次に王位継承者となる者が子孫を持たないという事態に陥った。摂政にも、次男[[ヨーク公]][[フレデリック (ヨーク・オールバニ公)|フレデリック]]にも子がなく、三男であるクラレンス公(後の[[ウィリアム4世 (イギリス王)|ウィリアム4世]])は20年近く愛人[[ドロシー・ジョーダン]]と家庭生活を営んでいたのを断ち、初めて結婚相手を探した。
 
1818年、53歳の王子は26歳のアーデルハイト公女と結婚し、生活費の安い[[ハノーファー王国]]で暮らし始めた。1819年、1820年と続けて女児を産むが育たず、夫妻はハノーファーを引き上げて[[ロンドン]]へ転居した。それ以後は子供が生まれず、傷心の公妃は夫の庶子たち(ドロシーとの間の10人の子)を可愛がるようになる。特に年少の四女オーガスタと五女アメリアには自ら家庭教師を手配し教育に気を配ていた。
 
1830年、夫ウィリアムが即位し、王妃となった。