「りあん」の版間の差分

m
項目の追加
m (項目の修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
m (項目の追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
[[奈良県]]出身。[[伊勢市]]と[[福岡市]]で育つ。2000年3月[[テレビ東京]]「[[いい旅夢気分]]」エンディング曲、
自身も出演した映画「[[ゴト師株式会社|ゴト師株式会社 ルーキーズ2]]」の主題歌「Pocket/泡沫の詩<ウタカタノウタ>」で
[[ユニバーサルミュージック (日本)|ユニバーサルミュージック]]からメジャーデビューする。2001年~「私をロマンスにして〜狂想詩 rhapsody〜」(歌詞 作詞:りあん/作曲:[[平方元]]・矢吹卓)、2003年「ハイテガアの猫」([[村山達哉]]プロデュース CD「たまゆら」)が[[ゼスプリ・インターナショナル|ゼスプリキウイ]]キャンペーンソングに選ばれる。“映画『マブイの旅』”出馬康成監督作品・挿入歌として3rdシングル『音(ね)』が起用される。
 
相馬徹監督作品 映画『詩人レノール』主演レノール推薦により、
2001年~「私をロマンスにして〜狂想詩 rhapsody〜」(歌詞 作詞:りあん/作曲:[[平方元]]・矢吹卓)、2003年「ハイテガアの猫」([[村山達哉]]プロデュース CD「たまゆら」)が[[ゼスプリ・インターナショナル|ゼスプリキウイ]]キャンペーンソングに選ばれる。“映画『マブイの旅』”出馬康成監督作品・挿入歌として3rdシングル『音(ね)』が起用される。[[2004年]]4月にはロシアのサンクトペテルブルクSKIF音楽祭に、「りあん+[[村山達哉]]グループとして出演。同年8月には[[サンクトペテルブルク]]文化祭に現地バレエ団とのコラボレートで出演。毎年、自身企画LIVEの七夕祭ライヴ〈[[鈴木雄大]]、[[河野啓三]]、[[川勝陽一]]等〉[[美勇士]]ライブイベントにも出演。[[りあん脚本]][[りあんタラチネ三部作]]は「福岡インディペンデント映画祭」で全作上映。
ロシア サンクトペテルブルグ渡露。
映画『O型の女』に「電氣イデオロギヰ(電イデオロギイ)演奏シーンでも出演。)イメージソング挿入曲。
 
[[2004年]]4月にはロシアのサンクトペテルブルクSKIF音楽祭に、「りあん+[[村山達哉]]グループとして出演。同年8月には[[サンクトペテルブルク]]文化祭に現地バレエ団とのコラボレートで出演。
毎年、自身企画LIVEの七夕祭ライヴ〈[[鈴木雄大]]、[[河野啓三]]、[[川勝陽一]]等〉[[美勇士]]ライブイベントにも出演。
[[2012年]] 初監督作品『恋を永遠にする方法。』発表。
2018年には、[[りあん脚本]][[りあんタラチネ三部作]]は「福岡インディペンデント映画祭」で全作上映。
 
== 作詞提供曲 ==
36

回編集