「トヨタ・RAV4」の版間の差分

 
;2020年(令和2年)10月2日
:日本仕様に特別仕様車「Adventure"OFFROAD Package"」が設定され、同日より発売された<ref>{{Cite press release|title=RAV4にアグレッシブなスタイルと走破性を高めた特別仕様車を設定|publisher=トヨタ自動車株式会社|date=2020-10-02|url=https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33760024.html}}</ref>。
:「Adventure」をベースに、ルーフレールをブリッジ型に変え(米国より輸入したパーツを装着する<ref>{{Cite web|url=https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/26/news030_3.html|title=RAV4をもっと売れ!|accessdate=2020/11/18|publisher=ITmedia ビジネスオンライン}}</ref>)、専用サスペンションの採用で最低地上高をベース車よりも10mmアップし、それに伴ってタイヤ・アルミホイールを18インチに小径化。また、タイヤにはオールテレインタイヤが装着され、アルミホイールはマットブラック塗装の専用品を装備。内装では専用合成皮革シート表皮、インストルメントパネル、ドアトリムショルダーにレッドステッチが施され、フロントカップホルダーやセンターオープントレイはレッド+ブラックを採用した。また、本仕様車専用のアドベンチャークロスバーが販売店オプションとして設定される。
:ボディカラーは既存色のグレーメタリックとアディチュードブラックマイカに、特別設定色のスーパーホワイトIIを加えた3色が設定される。