「天保山町 (鹿児島市)」の版間の差分

m
m
天保山は名前の通り、[[天保]]年間に天保の改革の一環として[[甲突川]]の浚渫土砂によって埋立てられ造成された土地である{{Sfn|鹿児島市史編さん委員会|1969|p=368}}{{Sfn|鹿児島市史編さん委員会|1969|p=384}}{{Sfn|芳即正|五味克夫|1998|p=170}}。
 
のちに[[島津斉興]]によって洋式砲術調練場が天保山に設置され{{Sfn|芳即正|五味克夫|1998|p=170}}、砲台や防弾火薬庫が整備されのちに[[島津斉彬]]によって改修された{{Sfn|芳即正|五味克夫|1998|p=170}}。
 
[[1862年]](文久2年)[[9月14日 (旧暦)|9月14日]]、[[武蔵国]][[橘樹郡]][[生麦|生麦村]](現在の[[神奈川県]][[横浜市]][[鶴見区 (横浜市)|鶴見区]][[生麦]])において[[薩摩藩]]の国父[[島津久光]]の行列に乱入した騎馬の[[イギリス人]]を薩摩藩士が[[無礼討ち]]した事件([[生麦事件]])に端を発して、[[1863年]](文久3年)[[7月2日 (旧暦)|7月2日]]、薩摩藩に対して交渉を行うため[[鹿児島湾]]に7隻のイギリスの艦隊が派遣された。イギリス側が薩摩の汽船3隻を掠奪したことに激発した薩摩藩は天保山に備えら設置さていた11門の砲台からイギリスの艦隊に対して砲撃を行った。これがきっかけとなり、[[薩摩藩]]とイギリス([[グレートブリテン及びアイルランド連合王国]](イギリス)との間で[[薩英戦争]]と呼ばれる戦闘が始まった{{Sfn|鹿児島市史編さん委員会|1969|p=397}}<ref>{{cite web|url=http://www.kagoshima-kankou.com/industrial-heritage/52629/|title=薩英戦争で先陣を切って砲撃した天保山砲台|publisher=鹿児島県観光サイト かごしまの旅|accessdate=2020-11-08}}</ref>。
{{See also|生麦事件|薩英戦争}}
 
=== 明治初期から天保山町の設置まで ===