「ブロッコリー」の版間の差分

Kizinhenzin (会話) による ID:80621664 の版を取り消し
タグ: 差し戻し済み
(Kizinhenzin (会話) による ID:80621664 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
=== 薬効作用と薬物相互作用 ===
実験動物を対象とした試験において、いくつかの薬効作用と[[薬物相互作用]]が報告されている。
* [[スルフォラファン]]は[[イソチオシアネート]]の一種でアブラナ科野菜の中でもブロッコリーなどに含まれ<ref>{{Cite web|url=https://friday.kodansha.co.jp/article/123056|title=「野菜350g」は本当にカラダにいいの…?食生活のウソホント|publisher=FRIDAYデジタル|date=2020-07-16|accessdate=2020-11-27}}</ref>、[[がん]]予防効果<ref>Zhang, Y; Kensler, T. W.; Cho, C. G.; Posner, G. H.; Talalay, P. ''Proc. Natl. Acad. Sci. USA'' '''1994''' ''91'', 3147–3150. </ref><ref>Fahey, J. W.; Zhang, Y.; Talalay, P. ''Proc. Natl. Acad. Sci. USA'' '''1997''', ''94'', 10367–10372.</ref><ref>Basten, G. P.; Bao, Y.; Williamson, G. ''Carcinogesis'' '''2002''', ''23'', 1399–1404.</ref>、[[ピロリ菌]]抑制効果<ref>谷中昭典、田内雅史、山本雅之ほか「[https://doi.org/10.1625/jcam.4.9 スルフォラファン含有食品,ブロッコリースプラウト摂取による ''H.pylori'' 胃炎軽減作用と胃癌予防の可能性]」『日本補完代替医療学会誌』2007年 4巻 1号 p.9-15, {{doi|10.1625/jcam.4.9}}</ref>等があるとされている。
* 含有する成分のブロリコが、[[糖尿病]]による健康状態の悪化を改善する効果あると報告されている<ref>木下弘貴 ほか「[http://www.pieronline.jp/content/article/0386-3603/40060/489 ブロッコリー抽出加工食品(ブロリコ)の継続摂取によるヒトの自然免疫賦活作用に関する試験]」『薬理と治療』Volume 40, Issue 6, 489 - 494 (2012)</ref>が、一方で「薬剤性[[肺炎]]」が発生したとの報告がある<ref>岸本祐太郎、深田充輝、二橋文哉ほか「[https://doi.org/10.18907/jjsre.38.Suppl_S331 第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 -学術プログラム・演題・抄録集- Posterセッション 第2日 P39-6 「ブロリコ」による薬剤性肺炎の1例]」『気管支学』2016年 38巻 Suppl号 p. S331-S393, {{doi|10.18907/jjsre.38.Suppl_S331}}</ref>。
* [[ラット]]を用いた動物実験で、Indole-3-carbinol (I3C)は[[子宮癌]]を促進したとの報告がある<ref>吉田緑、中江大、前川昭彦「[https://doi.org/10.14869/toxp.32.0.39.0 Indole-3-carbinolによる雌ラット肝臓および子宮中のcytochrome P450酵素の発現パターンについて]」日本トキシコロジー学会学術年会 第32回日本トキシコロジー学会学術年会 セッションID:O-6, {{doi|10.14869/toxp.32.0.39.0}}</ref>。