「高桑大将軍」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2020-11}}
'''高桑大将軍'''(たかくわたいしょうぐん、生年不明 - [[承久]]3年([[1221年]]))は、[[鎌倉時代]]前期の武将。出身は[[美濃国]][[厚見郡]]高桑邑(現在の[[岐阜県]][[岐阜市]]柳津町高桑)。[[美濃源氏]]の[[高桑城]]城主。高桑一族の長。実名は不詳
 
[[承久の乱]]で[[後鳥羽天皇|後鳥羽上皇]]側の京方軍。朝廷から「大将軍」に任命された。[[東山道]]軍。『[[承久記]]』によると、朝廷軍、幕府軍の両軍を通じ戦死者第一号である。