「ハントリー侯爵」の版間の差分

m
bot: 解消済み仮リンクチャールズ・ゴードンチャールズ・ゴードンを内部リンクに置き換えます
m (Bot作業依頼: クラクロフト貴族名鑑のリンク切れ修正 (www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/) - log)
m (bot: 解消済み仮リンクチャールズ・ゴードンチャールズ・ゴードンを内部リンクに置き換えます)
ゴードン卿の死後実質的にゴードン氏族を率いた弟のアボイン子爵は兄と異なり、モントローズ侯から離脱した。2代侯もモントローズ侯と協力せず、落ち目になったモントローズ侯は没落していった。[[1646年]]になると2代侯はモントローズ侯に代わるスコットランド王党派の中心になろうと画策したり、[[イングランド内戦]]({{仮リンク|第一次イングランド内戦|en|First English Civil War}})に敗れ盟約派に監禁されたチャールズ1世の脱走受け入れを計画したがいずれも失敗<ref>ウェッジウッド、P517、P581 - P582、P629、P634 - P635。</ref>、[[1649年]]の2代侯の死後ハントリー侯爵位は三男でゴードン卿とアボイン子爵の弟である{{仮リンク|ルイス・ゴードン (第3代ハントリー侯爵)|label=ルイス・ゴードン|en|Lewis Gordon, 3rd Marquess of Huntly}}<small>(1626頃–1653)</small>が継承している。
 
2代侯は特別継承権で彼か彼の父の死後に次男ジェイムズ・ゴードンに継承されるアボイン子爵に叙せられている。その規定通り初代ハントリー侯の死後にジェイムズは第2代アボイン子爵となったが、子供を残さずに父の2代侯に先立って死亡したため同子爵位は2代で廃絶している<ref name="CP VA">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/aboyne1632.htm|title=Aboyne, Viscount of (S, 1632 - 1649)|accessdate= 2015-11-28 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref>。兄のジョージ・ゴードン卿も子供無く先立って死んでいたのでハントリー侯爵位はルイス・ゴードンが継承している。また四男{{仮リンク|[[チャールズ・ゴードン (初代アボイン伯爵)|label=チャールズ・ゴードン|en|Charles Gordon, 1st Earl of Aboyne}}]]はスコットランド貴族「'''{{仮リンク|アボイン伯爵|en|Earl of Aboyne}}'''」と「'''ストラサヴォン及びグレンリベットの第9代ゴードン卿'''(Lord Gordon of Strathavon and Glenlivet)」に叙せられている。後にこのアボイン伯爵家がハントリー侯爵位を継承することになる<ref name="CP MH" />。
 
4代ハントリー侯[[ジョージ・ゴードン (初代ゴードン公爵)|ジョージ・ゴードン]]<small>(1643–1716)</small>は、[[1684年]][[11月1日]]にスコットランド貴族爵位「'''[[ゴードン公爵]]'''(Duke of Gordon)」、「'''ハントリー侯爵'''(Marquess of Huntly)」「'''ハントリー=インジー伯爵'''(Earl of Huntly and Enzie)」、「'''インヴァーネス子爵'''(Viscount of Inverness)」、「'''バデノック、ロシャベール、ストラサヴォン、ベルモア、オーチドン、ガースィー及びキンカーディン卿'''(Lord Badenoch, Lochaber, Strathavon, Balmore, Auchidon, Garthie and Kincardine)」に叙せられた<ref name="CP DG">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/gordon1684.htm|title=Gordon, Duke of (S, 1684 - 1836)|accessdate= 2015-11-28 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.thepeerage.com/p1705.htm#i17047|title=George Gordon, 1st Duke of Gordon|accessdate= 2015-11-28 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。しかしこれらの爵位群は、5代ゴードン公爵[[ジョージ・ゴードン (第5代ゴードン公爵)|ジョージ・ゴードン]]<small>(1770–1836)</small>が後継者なく死去したことで廃絶している<ref name="CP DG" />(後に女系の子孫である[[リッチモンド公爵]]レノックス家が新規に連合王国貴族としてゴードン公爵位を与えられている)<ref>{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/richmond1675.htm|title=Richmond, Duke of (E, 1675)|accessdate= 2015-11-28 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref>。
border=0|EAb={{small|1660年{{仮リンク|アボイン伯爵|en|Earl of Aboyne}}}}}}
{{familytree | | | |J2V| | |M3| |C1A|
J2V=2代アボイン子爵<br />{{仮リンク|ジェームズ・ゴードン (第2代アボイン子爵)|label=ジェームズ・ゴードン|en|James Gordon, 2nd Viscount Aboyne}} <br />(1620頃–1649)|M3={{font color||LightPink|'''3代ハントリー侯'''}}<br>{{font color||Yellow|'''8代ハントリー伯'''}}<br />{{仮リンク|ルイス・ゴードン (第3代ハントリー侯爵)|label=ルイス・ゴードン|en|Lewis Gordon, 3rd Marquess of Huntly}}<br />(1626頃–1653)|C1A=初代アボイン伯<br />{{仮リンク|[[チャールズ・ゴードン (初代アボイン伯爵)|label=チャールズ・ゴードン|en|Charles Gordon, 1st Earl of Aboyne}}]]<br />(1638頃–1681)}}
{{familytree | | | |VA| | | |!| | | |!|border=0|VA={{small|アボイン子爵廃絶}}}}
{{familytree | | | | | | | | | |!| | | |!|}}
border=0|DGor={{Small|1684年{{font color||palegreen|ゴードン公(1期)}}}}}}
{{familytree | | | | | | | | |D1| |C2A|
D1={{font color||palegreen|'''初代ゴードン公'''}}<br />{{font color||LightPink|'''4代ハントリー侯'''}}<br>{{font color||Yellow|'''9代ハントリー伯'''}}<br />[[ジョージ・ゴードン (初代ゴードン公爵)|ジョージ・ゴードン]]<br />(1643–1716)|C2A=2代アボイン伯<br />{{仮リンク|[[チャールズ・ゴードン (第2代アボイン伯爵)|label=チャールズ・ゴードン|en|Charles Gordon, 2nd Earl of Aboyne}}]]<br />(c.1670–1702)}}
{{familytree | | | | | | | | | |!| | | |!|}}
{{familytree | | | | | | | | |D2| |J3A|
347,254

回編集