「オイミャコン」の版間の差分

 
==厳冬の村==
「世界で最も寒い定住地」とされ、一年の半分以上が冬である<ref>[http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE91I04A20130219 ロシアの「世界で最も寒い定住地」、1年の半分以上が冬] ロイター 2013年2月19日</ref>。人口462人([[2010年全ロシア国勢調査|2010年]])。標高740m。周囲にはインディギルカ川の準平原が広がり、川自体の流路も網の目状に迷走している。川から数km離れると浸食が進み老年期に達したなだらかな山地([[丘陵]]地帯)が広がる。
 
[[1926年]][[1月26日]]、-71.2[[セルシウス度|℃]](-96[[華氏|℉]])の[[気温]]が記録された(ただしこの測定法には議論がある)ことでオイミャコンは北半球の[[寒極]]「北の極寒の地」、定住地の中で最も寒い地の一つとして知られることとなった。同時にこれは[[北半球]]の記録でもっとも寒い気温である([[南半球]]は[[南極大陸]]で記録されている)。これはシベリア大地によって大気が大幅に冷却されることが大きく作用している。逆に夏の日中は気温が摂氏30度を越えることもあり、夏と冬、昼夜の気温差が極端に大きい地でもある。7月でも、まれに0℃を下回ることがある。2010年7月28日には最高気温が34.6℃に達し、それまでの記録を塗り替えた。年平均気温は-15.5℃(-4.9℉)。[[2018年]][[1月17日]]には正式に氷点下65度を記録。氷点下60度を超えている日が連続した<ref>[https://archive.is/s5G1x 外部リンク]</ref><ref>[https://archive.is/OGRbK 外部リンク]</ref>。
 
凍結してしまうためオイミャコンには[[水道]]がなく、かつては住民が牛や馬にタンクを引かせて近くの川まで水を汲みに行っていたが、現在では給水車が各家庭に給水を行っている。
 
== 語源 ==
オイミャコンの語源は言い伝えによれば、[[エヴェン語]]で「''kheium''」(不凍の水、魚が冬を過ごす場所)という意味であるが<ref>{{cite book|last=Pospelov|first=Evgeniy Mikhaylovich|script-title=ru:Географические названия мира|location=Moscow|year=1998|p=307|language=Russian}}</ref>、[[ツングース語族|ツングース語]]によれば「''heyum (hэjум)(hэjум)''」(凍った湖)という意味であり、''kheium''はスペルミスであった可能性が考えられいる<ref>{{citation |last=Tsintsius |first=V. I. |publisher=Nauka |year=1977 |volume=2 |page=361 |publication-place=Leningrad |script-title=ru:Сравнительный словарь тунгусо-маньчжурских языков : материалы к этимологическому словарю|language=Russian}}</ref><ref name="post_221.htm">[http://tokuhain.arukikata.co.jp/moscow/2009/11/post_221.html ロシアで最も寒い場所!?Оймякон(オイミャコン)]</ref>。これはこの地が[[永久凍土]]であるにもかかわらず、天然の[[温泉]]が近くに湧いているからであ<!-- り、これだけ過酷な環境においても定住が可能な一つの理由である。(永久凍土地帯にも人類は古くから定住しており、温泉が湧いていることは、とくに凍土地帯での生活には不可欠ではないようです。むしろ伝統的には、現在の日本のような温泉文化はなかったと考えられます。) -->る<ref name="post_221.htm" />。
 
== 気候 ==
匿名利用者