「オルトク」の版間の差分

書誌情報整理、出典付加
m (外部リンクの修正 http:// -> {{Wayback}} (www.geocities.jp) (Botによる編集))
(書誌情報整理、出典付加)
'''オルトク'''(Ortogh)または'''斡脱'''(あつだつ)とは、[[トルコ語]]で「仲間」「友」「[[パートナー]]」を意味する共同出資の組織。[[元 (王朝)|元朝]]支配下の中国で支配機構の一翼を担い、[[ムスリム]]の特権御用[[商人]]によって構成された。[[モンゴル]]が一時代を形成した[[13世紀]]後半から[[14世紀]]中葉にかけての特異な商業形態のひとつ。オルトクをあらわす[[漢語]]「斡脱」は、トルコ語発音を[[漢字]]で音写したものである<ref>[[#四日市|四日市 (2008) p125p.125]]</ref>。
 
== 概要 ==
オルトクの原型は、[[遊牧民]]と商人による安全保障の関係にあるとされる。遊牧民は道中の安全を保障し、商人は交易や情報収集を代行した。10世紀の遊牧民グズ族とムスリム商人の関係が、[[イブン・ファドラーン]]の旅行記に描かれている<ref>[[#四日市|四日市 (2008) p126p.126]]</ref>。
 
徴税その他、農耕社会を統治する知識や経験に乏しい[[モンゴル帝国]]の支配層のもとでは、ムスリム商人が財務官僚として力をふるった。[[商業]]を通じて宮廷へ出入りし、やがてモンゴル貴族や皇帝の信任を受けるに至ったムスリム商人は、民族的出自よりも能力を重視したモンゴルによってしばしば重用された。ムスリム商人を中心として共同出資の組織「オルトク」が作られ、[[通商]]、[[運輸]]、[[金融]]、徴税など種々の経済活動を営んだ。[[モンケ]]の時代には、すでにオルトクと呼ばれていた記述がある<ref>[[#四日市2006|四日市 (2006)]]</ref>。モンゴル帝国の財務官となった[[マフムード・ヤラワチ]]は、通貨もまた[[財産]]の一形態であり、[[需要]]と[[供給]]の均衡関係が保たれれば[[価値]]をもつとの意見を唱えた。占領地の税務行政が[[銀]]の取り立てに特化したのも、当時の[[国際通貨]]である銀を獲得して貿易への投資に振り向けるためであった。
 
元朝を建てた[[クビライ]]は、[[1271年]]の皇帝即位以前から[[ウイグル人]]、[[契丹人]]、[[漢民族]]、[[女真族]]などからなる多種族混成の実務集団を抱えていた。元朝成立後の[[中国]]では、人々は[[モンゴル人]]、[[色目人]]、漢人、南人の4つに分類された。経済に明るい[[色目人]]、特に[[ムスリム]]商人には財政部門を担当させ、また、[[文化]]や[[宗教]]の領域には[[チベット人]]や[[ネパール]]、[[カシミール]]、[[インド]]の人びと、[[科学]]・[[情報]]・[[技術]]関連領域には[[ヨーロッパ人]]も含んだ世界の諸地域の人びとを登用した{{refnest|group="注釈"|ムスリム商人の他にオルトクに属した者としてはウイグル商人、そして少数ながら[[漢人]]や[[キリスト教徒]]もいた。}}
 
クビライはこれらのオルトクに利権を与えて、元朝の公的な支配機構にとりこんでいった。しかし、商業税や専売税の徴税請負など、中国の伝統的な財政観、通貨観に馴染まない政策を採り、しばしば中国人を経済的に搾取したことは彼らの怨嗟の対象となることもあった。
 
== 出典・脚注 ==
{{reflist脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注釈}}
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
=== 書籍 ===
*[[イブン・バットゥータ]] 『[[大旅行記]](全8巻)』 イブン・ジュザイイ編、家島彦一訳、[[平凡社]]〈[[東洋文庫 (平凡社)|東洋文庫]]〉、1996-2002年。 - 14世紀当時のオルトク商人についての記述がある。
*[[イブン・ファドラーン]] 『ヴォルガ・ブルガール旅行記』 家島彦一訳、平凡社〈東洋文庫〉、2009年。
* {{Cite book|和書|author=[[四日市康博 「]]|editor=四日市康博(編著)|year=2008|month=4|chapter=銀と銅銭のアジア海道」(四日市康博編著 『運|title=モノから見た海域アジア史 - モンゴル〜宋元時代のアジアと日本の交流』 |publisher=[[九州大学出版会、2008年。)]]|series=九大アジア叢書|isbn=978-4873789668|ref=四日市}}
* [[四日市康博]] 「[http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/recordID/25833 元朝南海交易経営考 - 文書と銭貨の流れから]」(『九州大学東洋史論集』 [[九州大学]][[文学部]]東洋史研究会、2006年。
=== 論文 ===
* 四日市康博 「銀と銅銭のアジア海道」(四日市康博編著 『モノから見た海域アジア史 - モンゴル〜宋元時代のアジアと日本の交流』 九州大学出版会、2008年。)
* {{Citation|和書|author=四日市康博|year=2006|month=4|title=元朝南海交易経営考 -文書行政と銭貨の流れから|url=http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/recordID/25833|publisher=[[九州大学]]文学部東洋史研究会|journal=九州大学東洋史論集|volume=|issue=34|page=133-156|naid=40015204819|ref=四日市2006}}
* {{Citation|和書|author=四日市康博|year=2016|month=8|title=元代の海域世界史|publisher=[[山川出版社]]|journal=歴史と地理 No,696|volume=|issue=世界史の研究248|page=50-53|naid=40020947605|ref=四日市2016}}
 
== 関連項目 ==