「ナスタアリーク体」の版間の差分

m
{{rtl翻字併記|fa|{{nastaliq|خط نستعلیق}}|ḵaṭṭ-e nastaʿlīq}}に修正。
(少し加筆しました。)
m ({{rtl翻字併記|fa|{{nastaliq|خط نستعلیق}}|ḵaṭṭ-e nastaʿlīq}}に修正。)
[[File:Khatt-e Nastaliq.jpg|thumb|ナスターリーグ体で「ナスターリーグ体」と書いた書道作品。[[ミールエマード・ハサニー|ミールエマード]]の作例に倣って س を長いラスム線とその下の3点ヌクタで示している。]]
'''ナスタアリーク体'''({{rtl翻字併記|fa|{{nastaliq|خط نستعلیق}}|ḵaṭṭ-e nastaʿlīq}})は、[[アラビア書道|アラビア=ペルシア書道]]の書体の一つ。流麗な筆記体で、イラン以東で非常に好まれる書体である([[#特徴と使用範囲]])。
 
14世紀後半にイランで開発された書体であり([[#歴史]])、'''ナスターリーグ体'''({{transl|ar|nastaʿlīq}} をペルシア語風にカナ転写したもの)、'''ファールスィー体'''(ペルシア書体)ともいう。本書体は後述のようにイラン=ペルシア文化とのつながりが強いため、本項では、{{rtl-lang|ar|نستعلیق}} のカタカナ音写に関し、見出し語は「ナスタアリーク」とし、以後の地の文では基本的に「ナスターリーグ」とする。