「本線 (青森市営バス)」の版間の差分

編集の要約なし
 青森市営バス創業時以来運行を継続している路線ではあるが、その内容は時代により変化している。
 
 創業時から存在する、青森駅と合浦公園前の間を、「国道経由」(現在の[[本線_(青森市営バス)#古川経由|古川経由]])「大町経由」(のちの[[本線_(青森市営バス)#本町経由|本町経由]])の2通りの経路で結ぶ路線は「本線」と呼ばれていた<ref>『青森市史 第6巻 政治編』1961年</ref>が、1969(昭和44)年頃から2000(平成12)年2月末まで「市内線」<ref>「市内線」という名称は、昭和44(1969)年4月5日発行の「広報あおもり」に最初にあらわれる。</ref>と呼ばれるようになり、以前の山の手線・寺町線など、青森駅と東部営業所を結ぶ他の路線を包括するようになった。2000(平成12)年3月東部営業所移転時の改正時に再び「本線」と呼ばれるようになり、[[本線_(青森市営バス)#東バイパス経由|東バイパス経由]]の経路も含まれるようになり、かつての名称「本線」に戻った。
 
 もともとは運行便数が最も多く、古川経由(当時は「国道経由」。後述。)だけでもラッシュ時3~4分間隔、日中でも7~8分程度の間隔ということ時代もあった<ref>昭和33年4月25日実施 バス時刻表による』青森市交通部</ref>が、その後徐々に便数が減少していった。
 
 本線は、大きくは「古川経由」「新町経由」「東バイパス経由」の3つのグループに分かれる<ref>[https://www.city.aomori.aomori.jp/koutsu/jikokuhyou/20200323/20200323pocket-jikokuhyou.html| 「青森市営バス時刻表」(ポケット時刻表 2020年3月23日改正)]32,33,40頁</ref>。「国道線」(古川経由のこと)・「新町線」・「東バイパス線」と、別の路線のように分けて呼ばれることもある<ref>これに似た表記ゆれは以前からあり、1965(昭和40)年頃もみられた。たとえば、「大町回り本線」と呼ぶところを「大町線」などと呼ぶ場合もあった。</ref>。うち、「古川経由」「東バイパス経由」の2つのグループには、それぞれのなかに経由地の細部が違う系統が含まれる
 
 「古川経由」「東バイパス経由」には、それぞれのなかに経由地の細部が違う系統が含まれる。
 
== 運行経路 ==
 
==== 古川(県病通り)経由 ====
: 青森駅前 - (古川一丁目/新町一丁目) - 古川 - 県庁前 - 市役所前 - 堤橋 - 合浦町 - 南造道 - 県立中央病院通り - 県立中央病院前 - 自治研修所前 - 八重田浄化センター前 - 原別 - [[野内駅]]前 - 東部営業所 (- [[青森県立青森工業高等学校|工業高校前]])<ref>一部の便は県立中央病院前発着。また、青森駅あるいは郊外発東部営業所方面行きの便の一部は、東部営業所が終点ではなく、工業高校前まで延長運行される。</ref>
:※系統番号は次のとおり。
:造道・八重田線
:青森駅発、東部営業所着 - C10
:
:※かつて運行されていた東バイパス(矢田前経由矢田線のルートを踏襲する。東バイパス経由と類似した経路を通る系統ではあるが、古川経由のグループに含められて案内されている。
 
=== 新町経由 ===